スコッチウイスキーとは? 定義から産地・種類の違いまで解説

スコッチウイスキーとは? 定義から産地・種類の違いまで解説
出典 : nelea33 / Shutterstock.com

スコッチウイスキーはスコットランドで造られているウイスキーで、「ウイスキーの代名詞」とも呼ばれています。世界中で愛飲されるスコッチウイスキーの定義・歴史から、産地の特徴、種類、銘柄、おすすめの飲み方まで、その魅力を網羅的に紹介しましょう。

  • 更新日:

スコッチウイスキーとは?

Kirill Z/ Shutterstock.com

スコッチウイスキーとは、イギリスのスコットランドで生産されているウイスキーのこと。その定義と歴史をかんたんにおさらいしましょう。

スコッチウイスキーの定義

スコッチウイスキーは、イギリスの法律により、「スコットランドにおいて、穀類を酵母により発酵させたものをアルコール分94.8度以下で蒸溜し、容量700リットル以下のオーク樽で最低3年以上熟成させて、アルコール40度以上で瓶詰めしたもの」と定義されています。

かんたんにいうと、スコットランドで大麦麦芽(モルト)を発酵させて作ったもろみを蒸溜し、オーク樽で3年以上熟成させた蒸溜酒がスコッチウイスキーです。なお、仕込みから発酵・蒸溜・熟成まではスコットランドで行わなければなりませんが、瓶詰めだけはスコットランド外で行うことも認められています。

スコッチウイスキーの歴史

スコットランドでは、古くからウイスキー造りが行われきましたが、その起源は明らかになっていません。しかし、1494年の王室記録にウイスキーに関するものが残されていることから、500年以上の歴史を誇ると考えられています。もっとも、当時のウイスキーは現代のものとは大きく異なり、ウォッカやジンのように透明なスピリッツでした。

今のような琥珀色のウイスキーが生まれたのは、18~19世紀初頭の密造時代です。その背景には、スコットランドがイングランドに併合され、高額な酒税が課されたことが関係しています。当時のウイスキーの造り手たちは税を逃れるため、山奥で隠れてウイスキー造りを続けていました。そこで原酒をシェリーの空き樽に詰めて保管していたところ、偶然にも琥珀色のまろやかなウイスキーが生まれたといわれています。

長い密造時代を経て、ウイスキーが日の目を見るようになったのは、酒税法が改正された1823年のこと。翌年、グレンリベット 蒸溜所が政府の公認を受けたことを皮切りに、非合法で製造していた約400の蒸溜所がその後10年ほどで合法の蒸溜所となり、現在のウイスキー王国の礎が築かれました。

今やイギリス国内のみならず、世界中で愛されているスコッチウイスキーですが、ではなぜスコットランドではウイスキー造りが盛んなのでしょう。その理由は、原料となる大麦の一大生産地であり、ピートを作り出す土壌、熟成に向いた冷涼な気候、清冽な水など、ウイスキー造りに最適な環境がすべて揃っているからです。理想的な環境下で、世界を魅了するスコッチウイスキーが生み出されています。

「ザ・グレンリベット」がシングルモルトのスタンダードと呼ばれる理由《シニアソムリエ監修》

スコッチウイスキーの6つの産地の特徴と銘柄

Jakub Moravec/ Shutterstock.com

スコッチウイスキーは大きく分けて6つの産地で造られています。代表的なシングルモルトの銘柄を含め、それぞれの特徴を紹介しましょう。

ハイランド

スコットランドの北部に広がる広大な地域。険しい山や谷の間を縫って多くの蒸溜所が存在し、古くからウイスキー造りが行われてきました。スコットランドの蒸溜所のうち、約3分の1がハイランドにあるといわれています。

代表的な銘柄は「グレンモーレンジィ 」や「ダルモア」「クライヌリッシュ」「エドラダワー 」など。ピートの香りが穏やかなウイスキーが多い印象ですが、エリアが広いこともあり、その特徴は一言では語れません。ハイランドの東西南北で、それぞれの地域性が反映されたウイスキーが造られています。

「グレンモーレンジィ」はハイランドモルトの傑作!

「エドラダワー」は、スコットランド産のリッチでクリーミーなハイランドモルト

スペイサイド

スコットランド北東部に位置するスペイサイドは、ハイランド地方に含まれますが、スペイ川の流域にたくさんの蒸溜所が集中していることから、ハイランドとは別に分類されています。

スペイサイドにはフルーティーで華やかな風味を持つ銘柄が多く、親しみやすいのが特徴。「ザ・マッカラン 」や「グレンフィディック 」「グレンリベット 」など、日本でも有名なウイスキー銘柄が多くあります。また、高品質のウイスキーを安定的に生産できる、体力のある蒸溜所が多いことから、スタンダードなスコッチウイスキーの生産地として位置づけられています。

マッカランが「シングルモルトのロールスロイス」と称される理由とは?
「グレンフィディック(Glenfiddich)」はシングルモルトのパイオニア
「ザ・グレンリベット」がシングルモルトのスタンダードと呼ばれる理由《シニアソムリエ監修》

キャンベルタウン

キャンベルタウンは、スコットランド南方の海岸沿いに広がる港町。人口約5,000人という小さな町に、3つの蒸溜所があります。

キャンベルタウンで造られるスコッチウイスキーの特徴は、港町ならではの潮の香り。ほのかな塩気と甘味が入り混じる華やかな風味で、多くのウイスキーファンに愛されています。

有名な銘柄として「スプリングバンク 」などが挙げられますが、いずれも少量生産で、定価で入手するには困難を極めます。

「スプリングバンク」は、塩辛さが魅力のキャンベルタウンモルト

ローランド

平地の多いローランドで造られるウイスキーの特徴は、軽やかさ。たとえば、サントリー所有のオーヘントッシャン蒸溜所では、通常2回の蒸溜を3回行うことで初心者にも親しみやすい、まろやかでライトな口当たりを生み出しています。

ローランド産の銘柄には、「オーヘントッシャン」や「グレンキンチー」などがありますが、全体的にはブレンデッドウイスキーに使われるグレーンウイスキーが多く生産されているのが特徴です。

また、エジンバラやグラスゴーなどの大都市に近いこともあり、見学施設が充実している蒸溜所が多いのも、ローランドの特徴のひとつといえるでしょう。

アイランズ

スコットランドは700を超える島々からなる地域ですが、そのなかでも、北部から南西部にかけて点在する西側の島々をまとめてアイランズ地方といいます。

アイランズは、スコッチウイスキーの6つの産地のなかでも、とくに個性派が揃った生産地です。その理由として、各島特有の気候の厳しさが挙げられます。

氷河の影響を強く受ける位置にあるオークニー諸島の「ハイランドパーク」や、天候が変わりやすく雨の多いスカイ島の「タリスカー 」、入り組んだ海岸線が特徴のマル島の「レダイク」など、島ごとに異なる風土から生まれた個性あふれる銘柄が揃っています。

タリスカー(talisker)スカイ島の自然が育むシングルモルトの魅力

アイラ

アイラ 島は、スコットランドの西南に位置する島ですが、アイランズのなかには括られず、独立した分類となっています。小さな島ながら8つを超える蒸溜所があり、それぞれで個性豊かな銘柄が生み出されていることから、ウイスキー愛好家に「スコッチの聖地」として親しまれています。

アイラ島で造られるウイスキーを特徴づけるのが、独特な「潮っぽさ」。蒸溜所のほとんどが海沿いに建っているうえ、アイラ島のピートには、海風が運んできた海産物が多く含まれています。この立地とピートが、「海藻のような塩の香り」などと形容される、強烈な個性を造り出しているのです。

アイラモルトには、「ボウモア 」「ラフロイグ 」「アードベッグ 」「ラガヴーリン」「カリラ 」など名だたる銘柄が多く、それぞれの個性が多くのファンを魅了しています。

アイラ生まれのモルト・ウイスキー「アイラモルト」の魅力

「ボウモア(BOWMORE)」のスモーキーかつ優雅な香りを堪能しよう

「ラフロイグ」はアイラモルトを代表する逸品

強烈なスモーキーフレーバーが自慢! アードベッグの魅力に迫る

スコッチウイスキーの「カリラ」って知ってる? アイラモルトの入門にぴったりのウイスキーを紹介

スコッチウイスキーの種類とおすすめ銘柄

Pepgooner/ Shutterstock.com

スコットランドで造られているウイスキーは3種類あります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

モルトウイスキー

大麦麦芽(モルト)のみを原料としたウイスキー。原料の風味が残りやすい「単式蒸溜機(ポットスチル)」で蒸溜するため、複雑な香りや味わいに仕上がるのが特徴です。「同じ味わいのものは2つとない」といわれるほど、蒸溜所ごとに個性の強いモルトウイスキーが造られていることから、「ラウド(声高な)ウイスキー」と呼ばれます。

モルトウイスキーだけをボトリングしたものをシングルモルトウイスキーといいますが、その銘柄数は多く、「ザ・マッカラン」をはじめ、先に挙げた銘柄はすべてこれにあたります。

「モルトウイスキー」の「モルト」ってそもそも何? 【ウイスキー用語集】

グレーンウイスキー

とうもろこしや小麦、ライ麦など、大麦以外の穀物を原料としたウイスキー。雑味などがほとんど取り除かれる「連続式蒸溜機」で蒸溜するため、モルトウイスキーに比べてクセが少なく、すっきり飲みやすい味わいに仕上がるのが特徴です。穏やかな風味なので、「サイレント(寡黙な)ウイスキー」と呼ばれます。

そのほとんどはブレンデッドウイスキーに用いられるため、ボトリングされるグレーンウイスキーは少数派ですが、数少ないながら「ロッホローモンド」「キャメロンブリッジ」「ガーヴァン」などの銘柄がリリースされています。

スコットランドでは稀有な存在のシングルグレーンウイスキーを、ぜひ味わってみてはいかがでしょう。

「グレーンウイスキー」とはどんなウイスキー?【ウイスキー用語集】

ブレンデッドウイスキー

モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたウイスキー。熟練のブレンダーが複数種類のウイスキーを絶妙に混ぜ合わせ、それぞれの長所を引き出すことで、バランスよくまろやかな味わいに仕上がるのが特徴です。

ブレンデッドウイスキーは、世界のウイスキー販売量の約9割を占めています。有名銘柄には「ジョニーウォーカー 」や「バランタイン 」などがあり、いずれも味わいがよく飲みやすいので、スコッチウイスキーを始めるならこの2銘柄から挑戦してみるとよいでしょう。

スコッチ「ブレンデッドウイスキー」がウイスキー業界に果たした役割とは? 【ウイスキー用語集】

スコッチといえばジョニーウォーカー!? 知っておきたい代表銘柄と飲み方

ウイスキー「バランタイン」は、スコッチの代名詞的な銘柄!

スコッチウイスキーのおすすめの飲み方

Maren Winter/ Shutterstock.com

スコッチウイスキーはさまざまな飲み方でたのしめますが、ここではより親しみやすい2つの飲み方を紹介します。

オン・ザ・ロック

アルコールによる刺激がやわらぎつつも、ウイスキーの風味をしっかりたのしめるのがオン・ザ・ロック。グラスに大きめの氷を入れてウイスキーを注ぐだけのシンプルな飲み方ですが、ウイスキーの奥深さを感じられます。

個性の強いシングルモルトウイスキーは、ストレートやトゥワイスアップなどで飲むのが通といわれることもありますが、それらよりも親しみやすいオン・ザ・ロックは、幅広い人におすすめの飲み方といえるでしょう。

もちろん、ブレンデッドウイスキーやグレーンウイスキーにも、オン・ザ・ロックはおすすめです。

オンザロックとはどんな飲み方?幅広い飲み方でたのしめるウイスキー。自分に合った飲み方を見つけよう!

ハイボール

乾杯ドリンクとしても人気のハイボールは、ウイスキー初心者にもおすすめの飲み方。スコッチウイスキーをしっかり冷やした炭酸水で割ることで、アルコール濃度が下がり、ウイスキー独特の香りもやわらいで飲みやすくなります。料理との相性もよい飲み方です。

なお、炭酸水だけでなく、トニックウォーターやジンジャーエールなどで割ることで、バリエーションをたのしめます。

ウイスキーハイボールのおいしい作り方!飲み方!

スコッチウイスキーは、スコットランド各地の風土と蒸溜所の個性が反映された多彩さが魅力です。誰もが知る有名銘柄からコアなファンを魅了する銘柄まで幅広く、一度ハマればどんどん興味が湧いてくるはず。奥深いスコッチウイスキーの世界を覗いてみてはいかがでしょう。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事