「ジョニーウォーカー」とは? 世界的な人気を誇るブレンデッドスコッチウイスキーブランド

「ジョニーウォーカー」とは? 世界的な人気を誇るブレンデッドスコッチウイスキーブランド
出典 : ジョニーウォーカー公式facebookページ

「ジョニーウォーカー」は世界No.1※のスコッチウイスキーブランド。卓越したブレンディング技術で生まれる味わいは、世界180カ国以上の人に愛されています。今回は「ジョニーウォーカー」の歴史やラベルに込められた想い、ラインナップなどについて紹介します。

  • 更新日:

世界でもっとも飲まれている「ジョニーウォーカー」について、ボトルラベルのカラーの意味などにも触れつつ人気の秘密に迫ります。

ジョニーウォーカーは世界No.1 のスコッチウイスキーブランド!

ジョニーウォーカーはスコッチウイスキー

出典:キリン ジョニーウォーカー公式Twitter

世界で愛されるブレンデッドウイスキー、「ジョニーウォーカー」の概要やブランドの歩みについてひも解いていきます。

「ジョニーウォーカー」はスコットランドで造られるブレンデッドスコッチウイスキー

「ジョニーウォーカー」は、スコットランド生まれのブレンデッドウイスキー。創業者のジョン・ウォーカー氏の名を冠したウイスキーは、世界No.1※の販売数量を誇ります。
※IMPACT DATABANK 2021に基づく販売数量

「ジョニーウォーカー」の特徴といえば、四角いボトルと、斜めに貼られたラベル、そしてシルクハットに片眼鏡、ステッキを持って闊歩する英国紳士「ストライディングマン」。世界的なブランドアイコンの先駆けとなったストライディングマンは、1908年に風刺漫画家のトム・ブラウン氏がメニューの裏に書いたスケッチを採用したもので、今もブランドを象徴するアイコンとなっています。

ジョニーウォーカーの創業者は14歳で事業開始

出典:キリン ジョニーウォーカーブランドサイト

世界中で愛される「ジョニーウォーカー」の歩み

「ジョニーウォーカー」の歴史は、スコットランドのキルマーノックという小さな町でスタートしました。1820年、創業者ジョン・ウォーカー氏は、父親から受け継いだ農場を売却し、その資金を元手に14歳の若さで食料雑貨店を開業。当時お店で取り扱っていた紅茶やスパイスのブレンディングにヒントを得て、シングルモルトウイスキーのブレンドを始めたのです。

複数の原酒をブレンドしたウイスキーは上顧客用に造られたもので、その卓越した品質から瞬く間に高い評価を得ました。ブレンドに魅せられたジョン・ウォーカー氏は、ブレンディング技術を磨き続け、その技は後世のマスターブレンダーに受け継がれていきます。

1857年、ジョン氏の後を継いだ息子のアレキサンダー氏には、「父の名を冠したウイスキーを世界に広めたい」というビジョンがありました。産業革命の波に乗って大量生産に取り組み、1867年に「オールド ハイランド ウイスキー」が完成すると、大型船の船長たちを呼んで自社のウイスキーを販売するアンバサダーに任命。ウォーカー家のブレンディングスタイルの原点ともいえるウイスキーは、船で行けるほとんどの地域で飲まれるようになり、当時のウイスキーにおける最高品質の代名詞となりました。

世界で親しまれているジョニーウォーカー

出典:キリン ジョニーウォーカーブランドサイト

創業100周年を迎える1920年ごろには、すでに120カ国以上で販売されていた「ジョニーウォーカー」。その後もグローバルブランドの先駆けとして発展を続け、今日も世界中の人に愛飲されています。

また1934年には、ジョン・ウォーカー&サンズ社が卓越した品質と正統の証である英国王室御用達の名誉を授かり、以来、今日に至るまで高品質のウイスキーが英国王室に納められています。

「ジョニーウォーカー」のブレンディング力とラベルに込められたこだわり

ジョニーウォーカーのこだわり

出典:キリン ジョニーウォーカーブランドサイト

「ジョニーウォーカー」は高いブレンディング技術によって生み出されるウイスキーです。そしてボトルラベルには、世界的なブランドだからこそ、誰が見ても一目でわかるような工夫が施されています。

「ジョニーウォーカー」は高いブレンディング技術が魅力

「ジョニーウォーカー」の大きな魅力は、その卓越したブレンディング技術にあります。

「ジョニーウォーカー」は、スコットランドのさまざまな地域の蒸溜所から集めた原酒を、バランスよくブレンドすることで完成します。膨大にストックされている原酒のなかから厳選し、代々受け継がれてきた門外不出のブレンディング技術によって、丹念にブレンドされているのです。

そうして、バランスのとれた味わいや、複層的な風味をたのしめる「ジョニーウォーカー」が、生み出されています。

ジョニーウォーカーのラベルの意味

出典:MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社 ジョニーウォーカーブランドサイト

「ジョニーウォーカー」のボトルや、ボトルラベルへのこだわり

「ジョニーウォーカー」は四角形のボトルが特徴的なウイスキーです。これは、長い船旅の間に瓶同士がぶつかって破損しないようにするための工夫から生まれました。

また、世界的な銘柄である「ジョニーウォーカー」のラインナップは、ラベルのカラーで表現されています。

1909年、世界に向けて開発された「オールド ハイランド ウイスキー」の2商品が、ラベルの色で識別する顧客の習慣にちなんで、「レッドラベル」「ブラックラベル」と新たな商品名に変更されました。色でラインナップを表現するというこのアイデアは、どの国の人が見ても認識しやすいというメリットがあり、「グリーンラベル」や「ブルーラベル」など、ほかのラインナップにも活かされています。

さらに、ラベルの貼り方にもこだわりがあり、遠くからでもすぐに「ジョニーウォーカー」と見分けることができるように、斜め24度に傾けて貼られています。

ジョニーウォーカーを探す際は、ぜひ、このユニークなラベルに注目してみてくださいね。

「ジョニーウォーカー」のブレンド技術が光るラインナップ、香りや味わいも紹介

ジョニーウォーカーのラインナップ

Krasula / Shutterstock.com

「ジョニーウォーカー」の代表的なラベルからプレミアムな商品まで、注目のラインナップを紹介します。

「ジョニーウォーカー」を代表する2ラベル

「ジョニーウォーカー」を飲むなら、まず押さえておきたいのが1909年に今の名に変更された赤と黒の2ラベル。それぞれの特徴を見ていきます。

ジョニーウォーカー レッドラベル(通称「ジョニ赤」)/JOHNNIE WALKER RED LABEL

ジョニーウォーカーレッドラベル

出典:キリン ジョニーウォーカーブランドサイト

「ジョニーウォーカー」の名を世界に広めた立役者で、今も180カ国以上で販売されているブレンデッドウイスキー。スパイシーで力強く、スモーキーな風味が特長で、フルーティーな甘味やバニラのような心地よいコク、スモーキーな余韻もたのしめます。世界的な賞を複数回受けています。

輸入販売元:キリンホールディングス株式会社
「ジョニーウォーカー レッドラベル」商品詳細はこちら

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年(通称「ジョニ黒」)/JOHNNIE WALKER BLACK LABEL AGED 12 YEARS

ジョニーウォーカーブラックラベル12年

出典:キリン ジョニーウォーカーブランドサイト

「ジョニーウォーカー」を代表するブレンデッドウイスキー。マスターブレンダーからマスターブレンダーへ、7代にわたって受け継がれてきた門外不出のブレンディング技術により、29ものモルトウイスキーがブレンドされています。樽香やバニラのような甘味、フルーティーな味わいが魅力です。

輸入販売元:キリンホールディングス株式会社
「ジョニーウォーカー ブラックラベル12年」商品詳細はこちら

ワンランク上の「ジョニーウォーカー」

ワンランク上の「ジョニーウォーカー」の特徴や味わいについて紹介します。

ジョニーウォーカー ダブルブラック/JOHNNIE WALKER DOUBLE BLACK

ジョニーウォーカーダブルブラック

出典:キリン ジョニーウォーカーブランドサイト

「ブラックラベル12年」のスモーキーさにインスパイアされて誕生したブレンデッドウイスキー。フルーティーな香りやスモーキーなピート香、フルボディの力強い味わいが好評で、世界的な賞を複数回受けています。

輸入販売元:キリンホールディングス株式会社
「ジョニーウォーカー ダブルブラック」商品詳細はこちら

ジョニーウォーカー グリーンラベル15年/JOHNNIE WALKER GREEN LABEL AGED 15 YEARS

ジョニーウォーカーグリーンラベル15年

出典:キリン ジョニーウォーカーブランドサイト

複層的でバランスの取れた味わいのブレンデッドモルトウイスキー。キーモルトは、スカイ島の「タリスカー」、アイラ島の「カリラ」、スペイサイドの「リンクウッド」と「クラガンモア」の4種類で、それぞれの個性が活きた奥行きのある味わいをたのしめます。

輸入販売元:ディアジオ ジャパン株式会社
「ジョニーウォーカー グリーンラベル15年」商品詳細はこちら

ジョニーウォーカー ゴールドラベル リザーブ/JOHNNIE WALKER GOLD LABEL RESERVE

ジョニーウォーカーゴールドラベルリザーブ

出典:キリン ジョニーウォーカーブランドサイト

北ハイランドの「クライヌリッシュ」など、貴重な原酒をブレンドした「ゴールドラベル リザーブ」は、スムースで華やかな味わいと、クリーミーさが特長です。贅沢で優雅な1本で、世界的な賞を複数回受けています。

輸入販売元:ディアジオ ジャパン株式会社
「ジョニーウォーカー ゴールドラベル リザーブ」商品詳細はこちら

ジョニーウォーカー18年/JOHNNIE WALKER AGED 18 YEARS

ジョニーウォーカー18年

出典:キリン ジョニーウォーカーブランドサイト

かつてマスターブレンダーたちが特別に造っていたという「プライベートブレンド」。その秘伝のレシピをもとに、18年以上熟成された貴重な原酒をブレンドしたものが「ジョニーウォーカー18年」です。ジョニーウォーカーのスモーキーさはそのままに、スムースで豊かな味わいを堪能できます。

輸入販売元:ディアジオ ジャパン株式会社
「ジョニーウォーカー18年」商品詳細はこちら

プレミアムな3商品にも注目

よりプレミアム感とラグジュアリーさのある3つの「ジョニーウォーカー」にも注目です。

ジョニーウォーカー ブルーラベル/JOHNNIE WALKER BLUE LABEL

ジョニーウォーカーブルーラベル

出典:MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社 ジョニーウォーカーブランドページ

「一万樽に一樽の奇跡」と称される究極のブレンデッドウイスキー。10,000分の1の確率でしか存在しないという、熟成の頂点に達したスコットランド産の原酒のみをブレンドした、まさにプレミアムな逸品です。このうえなく芳醇で力強く、かすかにスモーキーフレーバーも感じられ、心地よい余韻が長く続きます。

輸入販売元:ディアジオ ジャパン株式会
「ジョニーウォーカー ブルーラベル」商品詳細はこちら

ジョニーウォーカー スウィング/JOHNNIE WALKER SWING

ジョニーウォーカースウィング

出典: MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社 ジョニーウォーカーブランドページ

1930年代に、大西洋を横断する豪華客船のために造られた繊細で芳醇なブレンデッドウイスキー。船上でスウィングしても(揺れても)倒れないボトル形状で、ゴージャス感も漂わせています。その味わいは繊細で複雑、かすかなスモーキーさとスパイシーさも感じられます。

輸入販売元:ディアジオ ジャパン株式会社

ジョン・ウォーカー&サンズ キングジョージ5世/JOHN WALKER & SONS KING GEORGE Ⅴ

ジョン・ウォーカー&サンズ キングジョージ5世

出典: MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社 ジョニーウォーカーブランドページ

ジョン・ウォーカー&サンズ社が、1933年に英国王ジョージ5世より英国王室御用達の栄誉を授かったことを記念して造られた、「作品」ともいうべき珠玉のブレンデッドウイスキー。ジョージ5世の在位期間(1910~36年)に操業していた蒸溜所の、希少な原酒のみをブレンドして当時の味わいを現代に蘇らせた「幻のウイスキー」です。

輸入販売元:ディアジオ ジャパン株式会社

世界180カ国以上で愛されている「ジョニーウォーカー」は、日本でも長く親しまれている人気のスコッチウイスキーです。「ジョニ赤」「ジョニ黒」から飲み始めて、ラグジュアリーなボトルと飲み比べてみるのもよさそうですね。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事