初心者におすすめの日本酒とは? 初心者が失敗しない日本酒の選び方

初心者におすすめの日本酒とは? 初心者が失敗しない日本酒の選び方
出典 : masa44/ Shutterstock.com

日本酒の初心者にとって、日本酒は種類が多すぎて、どれを選べばよいのか迷ってしまいがちなもの。そこで、日本酒初心者におすすめの日本酒銘柄や、失敗しない日本酒の選び方などを解説。これを読めば、初心者でも日本酒をおいしくたのしめます。

  • 更新日:

目次

  • 日本酒選びに役立つ基礎知識
  • 日本酒のラベルからわかる味わいの特徴1
  • 日本酒のラベルからわかる味わいの特徴2
  • 好みの味わいや香り、飲み方を見つけよう
  • 初心者におすすめの日本酒銘柄10選

日本酒選びに役立つ基礎知識

Light7X8/ Shutterstock.com

日本酒ってどんなお酒?

日本酒の初心者向けに、まずは日本酒の定義をおさらいしましょう。日本酒とは、米を主原料に、麹と水を加えて造られる日本の伝統的なお酒のこと。酒税法上は「清酒」に区分され、次のように定義されています。

◇清酒の定義
米、米麹、水を原料として発酵させて濾(こ)した、アルコール度数22%未満のもの。醸造アルコールや糖類、有機酸やアミノ酸塩、清酒など法令で定められた物品を原料に用いる場合は、その合計が米の重量の50%を超えないことが条件。

日本酒と清酒がどう違うのか、初心者にとっては混乱しがちですが、「清酒」とは酒税法上の用語で、日本酒からどぶろくや合成酒、みりんなどを除いたものを指す言葉。私たちが日頃たのしむ日本酒はその大半が清酒で、日本酒(清酒)と表記されることも多いため、ここでは大まかに「清酒=日本酒」ととらえておきましょう。

「清酒」とは一体どんなお酒? 今こそはっきりさせよう!

特定名称酒って何? 日本酒の種類を知っておこう

日本酒を飲み慣れていない初心者には、同じ銘柄の日本酒にもさまざまな種類が存在することに驚いた経験があるかもしれません。

日本酒は、原料や製造法によって「普通酒」と「特別名称酒」に大別されます。このうち特定名称酒は、国税庁が定める製法品質表示基準を満たしたもののみ、ラベルに表示することが認められています。

特定名称酒には、以下の8種類があります。
◇純米大吟醸酒(原料は米と米麹のみ、精米歩合50%以下)
◇大吟醸酒(原料は米と米麹、醸造アルコール、精米歩合50%以下)
◇純米吟醸酒(原料は米と米麹のみ、精米歩合60%以下)
◇吟醸酒(原料は米と米麹、醸造アルコール、精米歩合60%以下)
◇特別純米酒(原料は米と米麹のみ、 精米歩合60%以下または特別な製造方法)
◇特別本醸造酒(原料は米と米麹、醸造アルコール、精米歩合60%以下または特別な製造方法)
◇純米酒(原料は米と米麹のみ)
◇本醸造酒(原料は米と米麹、醸造アルコール、精米歩合70%以下)

これらの名称から、米をどれだけ削って雑味を原因となる栄養素を取り除いたかを示す「精米歩合」や、原料に「醸造アルコール」を加えているかなど、製造上の特徴を知ることができます。

初心者が詳しく理解する必要はありませんが、おいしい日本酒に出会ったときは、銘柄だけでなく、種類もあわせて覚えておくとよいでしょう。

「精米歩合」を知れば日本酒選びがたのしくなる? 【日本酒用語集】《きき酒師監修》

「醸造アルコール」って何? なぜ使われているの?【日本酒用語集】

日本酒のラベルからわかる味わいの特徴1

kitsune05/ Shutterstock.com

「日本酒度」で甘口か辛口かを見極める

日本酒初心者にわかりづらいのが、日本酒の「甘口」と「辛口」がどう違うのか。その判断基準のひとつとされているのが、ラベルに表記されている「日本酒度」です。

「日本酒度」とは、日本酒の比重(糖分量)を表す単位のこと。「日本酒度+3」や「日本酒度-1」などと表記され、糖分が多いほどマイナスの数値が高くなり甘口に、糖分が少ない場合はプラスに傾き、プラスの数値が高くなるほど辛口に感じられるといわれています。

ただし、日本酒度だけで日本酒の味わいが決まるわけではありません。あくまでもひとつの目安だということを覚えておくとよいでしょう。

【日本酒度とは?】超辛口から大甘口まで

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事