幻の日本酒【獺祭(だっさい)】日本酒人気の火つけ役

幻の日本酒【獺祭(だっさい)】日本酒人気の火つけ役
出典 : 旭酒造サイト

「獺祭」は、全国的に名酒として知られるようになった日本酒です。ある時期から急激に需要が増え、その人気から一時は「幻の酒」とも呼ばれました。山口県の定番酒「獺祭」の人気に迫ります。

  • 更新日:

「獺祭」は獺(かわうそ)の里が生んだ酒

「獺祭」は獺(かわうそ)の里が生んだ酒

Maurice Volmeyer/Shutterstock.com

「獺祭」を醸している旭酒造は、山口県岩国市の獺越(おそごえ)にある酒蔵です。
獺越という地名には「獺(かわうそ)」の字が入っていますが、その由来は、古い獺が子どもを化かして村まで追いかけてきたという言い伝えからだそうです。

「獺祭」にはこの「獺」の字が使われていますが、これは所在地から取ったというだけでありません。

もともと「獺祭」とは古代中国からきた言葉で、詩や文を作るときに、周囲に多くの参考資料を広げている様子を意味しています。その理由は、獺がつかまえた魚を川岸に並べて、まるでお祭りをするように見える様子をなぞらえたものなのだとか。

明治時代の俳人、正岡子規は、この言葉にあやかり、自らを「獺祭書屋主人」と号しました。日本文学に革命を起こしたといわれる子規の精神に、酒造りの世界に革新をもたらそうとする想いを重ね合わせたことから、「獺祭」という名がつけられました。
「獺祭」という名前には、「従来の酒造りに安住することなく、変革と革新の中からより優れた酒を創り出そう」という旭酒造の熱い想いが込められているのです。

獺祭が人気になった理由とは?

獺祭が人気になった理由とは?

出典:旭酒造株式会社

「獺祭」は、雑誌の特集などでもしばしば取り上げられ、その人気から一時期は品薄状態にもなりました。
日本酒に詳しくない人でも、「獺祭」という名前を聞いたことがあるという人も少なくないでしょう。ここまでの知名度をもつようになったのは、いくつもの理由があります。

理由1:初心者にも飲みやすいフルーティな味

「獺祭」が人気を博している最大の理由は、やはりその味です。
日本酒の概念を覆したともいわれるフルーティな飲み口は、若い世代や女性など、日本酒になじみがなかった層にも受け入れやすいものでした。
まるでメロンやバナナのような甘い香りと、すっきりとした後味から「ワイングラスで飲みたい日本酒」といわれたのもうなずけます。
これまでとは違う層にもアプローチできたことが、知名度アップにもつながったと思われます。

理由2:手頃な価格

「獺祭」シリーズは、すべてが純米大吟醸以上、さらに、原料米として使うのは「山田錦」のみ。こうしたハイスペックな日本酒でありながら、価格は抑えめです。
純米大吟醸クラスでは一升瓶で5,000円程度する銘柄が多いですが、「獺祭純米吟醸50」は一升瓶で3,078円と手頃な価格です。
「名酒」と呼ばれる酒には高価なものも少なくありませんが、「獺祭」が高額路線を歩まない背景には「高くておいしいは当たり前、誰もがたのしめる酒を」という蔵元の心意気があるのでしょう。

理由3:さまざまなメディアでの露出

「獺祭」は、安倍首相がプーチン大統領やオバマ大統領など各国トップにプレゼントした際に、各メディアで報じられました。
また、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の劇中に登場した際には、放映後にネットで「獺祭」を検索する人が続出したのだとか。
さらに、ユニクロでは、新店オープンの乾杯酒に「獺祭」を使用しており、新たな店舗が報じられる度に「獺祭」の樽が登場しています。
ちなみに、安倍首相とエヴァンゲリオンの庵野監督、またユニクロの柳井社長は3人とも「獺祭」と同じく山口県出身であることから、地元の名酒「獺祭」を使っているようです。

こうしたことが重なって「獺祭」は山口の地酒から、日本酒の代表格といわれるほどのお酒になっていったのです。

「獺祭」はもう幻の酒じゃない?

「獺祭」はもう幻の酒じゃない?

「多くの人に喜んでもらいたい」という蔵元の想いから、近年は比較的入手しやすくなった「獺祭」
出典:旭酒造株式会社

「獺祭」が「幻の酒」といわれるようになったのは、旭酒造が「獺祭」を取り扱える店を限定する「特約店制度」をとっていたことも理由のひとつです。

これは、いわゆる「限定品」商法ではなく、商品のブランドイメージを守ることが目的でした。自分たちが精魂を込めた「獺祭」を大切に思うがゆえに、「品質管理をしっかりとできるお店だけに扱ってほしい」という気持ちから、この制度がはじまったのだそうです。

しかし、人気が過熱するあまりに、飲みたいのに入手できない人が続出し、一部の転売業者によって価格が高騰するという事態は、蔵元にとって好ましいことではありませんでした。

より多くの人に「獺祭」をたのしんでもらおうと、生産体制を整えたことで、現在は十分な供給量を保たれるようになり、品薄状態も次第に解消へ。店頭やインターネットの通信販売でも定価で見かけるようになっています。

一度は飲みたい「幻の酒」から、何度でも飲みたい「定番のお酒」へと変化しつつある「獺祭」。日本酒好きにとっては、うれしいことですね。

製造元:旭酒造株式会社
公式サイトはこちら

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識