キリッと飲みたい冷酒のおいしさ

キリッと飲みたい冷酒のおいしさ

日本酒は冷、温、常温といろいろな温度でたのしめるお酒です。なかでも初心者でも始めやすい冷酒は、爽やかな口当たりと味わいでスルスルと飲めてしまいます。

  • 更新日:

冷酒と冷(ひや)

taka1022/ Shutterstock.com

日本酒の魅力は、温度によって香りや味わいが多彩に変化すること。冷酒、冷や、お燗と同じ日本酒でもそれぞれ味わいが違ってきます。

よくまちがいやすいのが「冷酒」と「冷や」。どちらも違う温度だということを知っていますか?冷酒は冷蔵したもの、冷やとは冷蔵しない常温のものを指します。冷やの温度はそのときの室温に左右されますが20度くらいが、味のバランスがよく、その日本酒本来の味が一番わかる温度とされます。秋口に味が乗ってきた(秋あがり)冷やおろしや、落ち着いた味わいの純米酒などは冷やで飲むのがおすすめです。

日本酒が少し分かってきたら、同じ銘柄の日本酒を最初は冷やで、次は冷酒、最後はお燗にするなど、いろいろな温度で試してみると味わいの変化に驚くことでしょう。

様々な温度でおいしい日本酒

taa22/ Shutterstock.com

江戸時代には日本酒を出す飲食店には「お燗番」と呼ばれる役目があり、その日本酒が一番おいしくなるよう、燗をつけて提供していた店も多かったようです。

ちなみに、日本酒を飲む温度は10段階に分かれ、「熱燗」や「冷や」とひとくくりにはできないほど奥深いのです。

冷たい方から、雪冷え(5度)、花冷え(10度)、涼冷え(15度)、冷や(20度)(冷やは「常温」とも呼ばれます)。温かい温度帯はさらに細かく分かれ、日向燗(30度)、人肌燗(35度)、ぬる燗(40度)、上燗(45度)、熱燗(50度)、一番高い温度が飛び切り燗(55度以上)となります。ほぼ5度おきに刻まれた風情のある呼び名が、日本酒への想いを感じさせますね。

冷酒の飲み方

natu/ Shutterstock.com

「日本酒はクセがあって…」など、日本酒を敬遠していた人は、ぜひ冷酒から始めてみましょう。冷やすことで爽やかな口当たりとクリアな後味で、日本酒初心者にも飲みやすく感じます。

冷酒は5~10度くらい、冷蔵庫や氷水で冷やしましょう。繊細な味わいの大吟醸や吟醸酒、搾りたての生酒やあらばしり、発泡タイプなどは冷酒に向いています。特に吟醸酒はフルーティーな吟醸香が魅力。でも冷やしすぎると香り成分が十分揮発しないので、適温で飲みましょう。

冷酒に適した銘柄といったら鳳凰美田、新政、あさ開、磯自慢、風の森などが冷酒でおいしいお酒として有名です。

今や世界中から注目を集める日本酒。世界の人にも愛される日本酒をおいしく飲みたいですね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識