本格焼酎の「本格」に込められた意味とは? 【焼酎用語集】

本格焼酎の「本格」に込められた意味とは? 【焼酎用語集】
出典 : funny face/ Shutterstock.com

「本格焼酎」と言えば、「焼酎のなかでも本格派」というイメージがあるでしょうが、何をもって「本格」と呼ばれるのでしょう? また、「甲類焼酎」「乙類焼酎」といった分類とはどう違うのでしょうか? 今さら聞けない「本格焼酎」の定義や魅力を紹介します。

  • 更新日:

「本格焼酎」の定義を改めて知ろう

「本格焼酎」の定義を改めて知ろう

akiyoko/ Shutterstock.com

「本格焼酎」と表示できる条件とは?

「本格焼酎」とは、ごくシンプルに言えば、昔ながらの伝統的な製法で造った、混じりけなしの焼酎のこと。
そもそも焼酎は、穀物などデンプン質の原料を、麹や酵母を用いてアルコール発酵させ、蒸溜によってアルコール度数を高めた日本独自の蒸溜酒です。焼酎のなかでも、以下の条件を満たしたものが、「本格焼酎」と名乗ることができます。

【本格焼酎の条件】

(1)日本で古くから行われてきた単式蒸溜で仕込む。
(2)「米や麦などの穀類」「芋類」「清酒粕」「黒糖」の4品目、または国税庁長官が定める49品目の原料と麹を使用する。
(3)水以外の添加物を一切使わない。

麦、芋、米以外はNG!? 本格焼酎には原料の制限がある!

「本格焼酎」という呼称が生まれた背景

「本格焼酎」という呼称が生まれた背景

KPG Payless2/ Shutterstock.com

「本格焼酎」とは税法上の定義ではない

本格焼酎に対する素朴な疑問として、よく耳にするのが「焼酎の種類は『甲類/乙類』では? 本格焼酎はどちらなの?」というものです。
結論から言うと、本格焼酎は乙類焼酎の1種ですが、両者の定義はイコールではありません。というのも甲類焼酎、乙類焼酎は酒税法上の分類ですが、本格焼酎はメーカー団体が提唱した用語だからです。

「本格焼酎」は「甲類/乙類」という分類へのアンチテーゼ

焼酎は、もともとは単式蒸溜で造られていましたが、明治43年(1910年)に海外から連続式蒸溜という先端技術が導入され、「連続式=新式焼酎」「単式=旧式焼酎」という分類が生まれました。
その後、昭和12年(1937年)から酒税法上で両者の税率が区分されるようになり、昭和24年(1949年)に前者を「甲類」、後者を「乙類」とする区分が定められました。
しかし、甲・乙と順序をつけられることで、品質上の優劣を意味するとの誤解を招きかねないとして、伝統的な焼酎の造り手たちが「本格焼酎」という呼称を提唱。これを受けて、昭和37年(1962年)に旧大蔵省から「本格焼酎」の表記が認められました。
なお、2006年の酒税法改正により、税法上の区分名としては甲類が「連続式蒸溜焼酎」、乙類が「単式蒸溜焼酎」に変更されています。

「単式蒸溜焼酎」ってどんな焼酎? 【焼酎用語集】

「連続式蒸溜焼酎」とは「甲類」?それとも「乙類」?【焼酎用語集】

「本格焼酎」のたのしみ方

「本格焼酎」のたのしみ方

takasu/ Shutterstock.com

本格焼酎の魅力は原料そのものの風味

本格焼酎は、伝統的な単式蒸溜によって一度だけ蒸溜して造られるため、原料の持つ風味や香りが色濃く残っていて、それが独特の味わいとなります。米焼酎や麦焼酎、芋焼酎など原料ごと、さらには造り手ごとの個性がたのしめるのが、本格焼酎の醍醐味と言えるでしょう。

本格焼酎には「地理的表示」が認められたものも

本格焼酎の「本格」という表現には、日本固有の酒造文化である焼酎造りの伝統を大切に守り続けようとする造り手の誇りが込められています。
伝統的な製法で造られる本格焼酎は、地域の風土に根ざした独自の食文化として認められています。鹿児島の「薩摩焼酎」、熊本の「球磨焼酎」、長崎の「壱岐焼酎」、そして沖縄の「琉球泡盛」は、ウイスキーのスコッチやバーボン、ワインのボルドーやシャンパーニュなどと同様、WTO(世界貿易機関)のTRIPS(トリプス)協定にもとづき「地理的表示」が認められています。

焼酎好きをうならせる薩摩焼酎の味わい

熊本県人吉地方で造られる「球磨焼酎」は産地呼称が認められた人気ブランド

壱岐焼酎の魅力・代表3蔵

沖縄が世界に誇る「泡盛」の魅力を大解剖!

「本格焼酎」と銘打たれた焼酎には、焼酎造りの伝統を守り続ける造り手それぞれの個性やこだわりが色濃く表れています。本格焼酎を飲む際は、その造り手や産地にも想いを馳せながら、たのしんでください。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識