沖縄の焼酎(泡盛)【久米仙(くめせん)】「一歩進んだ泡盛造り」の代表銘柄

沖縄の焼酎(泡盛)【久米仙(くめせん)】「一歩進んだ泡盛造り」の代表銘柄
出典 : suwijaknook6644689/ Shutterstock.com

「久米仙」は、久米島出身の創業者が、会社設立と同時に生み出して以来、半世紀以上にわたって愛されてきた泡盛です。造り手の久米仙酒造は、泡盛業界初の卓上ボトル商品や「泡盛珈琲」の開発など、挑戦的な取り組みで知られています。そんな「久米仙」と造り手の魅力を詳しく紹介します。

  • 更新日:

「久米仙」の蔵元がめざす「一歩進んだ泡盛造り」

「久米仙」の蔵元がめざす「一歩進んだ泡盛造り」

KPG_Payless/ Shutterstock.com

「久米仙」の造り手、久米仙酒造は、その名前から久米島の泡盛蔵と思われがちですが、実際の所在地は沖縄本島の那覇市。久米島出身の創業者が昭和27年(1952年)に設立した会社です。
ちなみに、久米島には「久米島の久米仙」という泡盛ブランドがあり、混同されがちですが、まったくの別会社です。

久米仙酒造は、泡盛業界の常識を覆す「一歩進んだ泡盛造り」で知られています。
久米仙酒造が創業した当時、泡盛はビール瓶や、米軍が廃棄したウイスキー瓶などに詰めて販売されるのが一般的でした。久米仙酒造では、業界に先駆けて泡盛専用の卓上ボトルを開発。「久米仙グリーンボトル」として大きな話題を呼び、広くその名を知られることになりました。

また、泡盛を3年以上熟成させた古酒(クース)は、伝統的な甕(かめ)熟成が一般的ですが、久米仙酒造ではオーク樽を利用した古酒造りを研究し、樫樽貯蔵古酒「奴樽蔵(やったるぞう)」として販売。さらに、コーヒーと泡盛を合わせたリキュール「泡盛珈琲」を開発し、若者からも人気を博すなど、伝統にとらわれない斬新な焼酎を次々と開発しています。

泡盛とコーヒーの出会いが、未知のおいしさを!

「久米仙」のおすすめ商品

「久米仙」のおすすめ商品

PixHound / Shutterstock.com

「久米仙」は、久米仙酒造が創業当初から造り続けてきた代表銘柄。そのラインナップのなかでも定番なのが、久米仙酒造が手がける泡盛のなかでもっともフルーティで飲みやすいとされる「久米仙 25度」です。
日本酒の吟醸香を思わせる熟れたバナナのような香りは、甘くてさわやか。口当たりも柔らかで、料理との相性も抜群です。
紙パックのタイプもあり、コスパも満点なので、初めて「久米仙」を飲む人は、この「25度」からスタートするとよいでしょう。泡盛ビギナーには、アルコール度数を抑えた「久米仙 20度」も人気です。

「久米仙」独特のまろやかさと甘い香りをたのしみたい人には、古酒(クース)もおすすめです。
「久米仙 古酒ゴールド30度」は、原料米の仕込みはもちろん、酒造りの環境や貯蔵方法にまでこだわり抜いた逸品で、芳醇な香りとクセのないまろやかな飲み口が特徴です。
「久米仙 ブラック古酒43度」は、黒麹を用い、100%こうじ米で発酵させた久米仙酒造の定番古酒。芳醇な香りと旨味、奥深いコクがたのしめる華やかな口当たりの泡盛です。

機会があったらぜひ試してほしいのが、「久米仙 秘蔵7年古酒40度」というレアな1本。7年間じっくりと熟成させた古酒ならではの、気品高い味わいを堪能できます。

「久米仙」の飲み方いろいろ

「久米仙」の飲み方いろいろ

Andrew Pustiakin/ Shutterstock.com

「久米仙」が高い人気を誇る理由のひとつが、そのフルーティな香りとまろやかな口当たり。非常に飲みやすく、割り方によってはカクテルや酎ハイ感覚でたのしめるので、泡盛を初めて飲む人や、お酒自体を飲み慣れていない人にもなじみやすい1本です。
「久米仙」のおすすめの飲み方を、それぞれのポイントとともに見ていきましょう。

【水割り】

泡盛のまろやかな風味をたのしむならこれ。泡盛4:水6の比率がおすすめですが、好みに合わせて水や氷の量を調整してください。

【ロック】

「久米仙」ならではのフルーティな香味を堪能するなら、ロックがおすすめ。氷とグラスのデザインにこだわると、さらにおいしくいただけます。

【お湯割り/熱燗】

寒い季節はホットでもたのしめます。「久米仙」のもつ豊かな風味をたのしむなら、熱燗が際立ちます。

【久米仙カクテル】

クセが少なくすっきりとした飲み口の「久米仙 25度」は、カクテルベースとしても重宝します。グレープフルーツやライム、シークヮーサーなどの柑橘系果汁とミックスすれば、さわやかな味わいの泡盛ハイが完成。炭酸との相性も抜群なので、いろいろな組み合わせを試してみてください。

「久米仙」の名は、「泡盛珈琲」を通じて若い人々の間にも浸透しつつあり、沖縄の伝統的な泡盛文化を次代に引き継ぐ上でも大きな役割を果たしています。時代を超えて飲み継がれる「久米仙」を、ぜひ、味わってみてください。

製造元:久米仙酒造株式会社
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識