焼酎選びのポイントからおいしい飲み方まで、水割り焼酎をたのしむテクを伝授

焼酎選びのポイントからおいしい飲み方まで、水割り焼酎をたのしむテクを伝授
出典 : kai keisuke/ Shutterstock.com

水割り焼酎は、適度なアルコール度数で焼酎の風味をたのしめる万人向けの飲み方。氷を用意して水で割るだけと作り方はかんたんですが、水の量や硬度、焼酎の銘柄などによって味わいは変化します。ここでは、水割りに合う焼酎選びのポイントや作り方のコツを紹介します。

  • 更新日:

目次

  • 水割り焼酎の魅力と、水割りに合う焼酎選びのポイント
  • 水割り焼酎におすすめの焼酎銘柄をチェック
  • 水割り焼酎をもっとおいしく!

水割り焼酎の魅力と、水割りに合う焼酎選びのポイント

水割り焼酎の魅力と、水割りに合う焼酎選びのポイント

jazz3311/ Shutterstock.com

焼酎の水割りの魅力を大解剖

焼酎は多彩な飲み方がたのしめるお酒。ストレートやロック、水割り、お湯割り、ハイボールといった定番の割り方のほかにも、お茶割りやソーダ割り、ジュース割り、ホッピー割りなど幅広い飲み方で親しまれています。

数ある飲み方のなかでも、初心者から上級者まで幅広い層に愛されているのが水割り焼酎。自宅でもかんたんに作れるうえ、自由にアルコール度数を調整できるのが魅力です。

水割り焼酎は水で割って作るので、ストレートやロックに比べるとマイルドな飲み口になりますが、焼酎そのものの風味もしっかりたのしめます。

焼酎は飲み方いろいろ! あらゆる飲み方でたのしもう

水割りに合う焼酎の種類とは?

もちろん、人それぞれ味覚や嗜好が異なりますから「飲み方は自由に!」が大前提として、焼酎は原料や製法によって大きく本格焼酎(乙類焼酎)・甲類焼酎・混和焼酎に分類されます。水割りに合う焼酎の種類を選ぶなら、原料の魅力が生きた本格焼酎(乙類焼酎)や、乙類と甲類をブレンドして造られる混和焼酎が向いているでしょう。これらの焼酎を水で割ることで、アルコール感がやわらぎ、原料由来のやさしい魅力を満喫できます。

なお、すっきりクリアな味わいが魅力の甲類焼酎は、好みにもよりますが、水よりもお茶やジュース、ホッピーやハイサワーなどの割り材が適しているかもしれません。

焼酎の種類、いくつ知っている? 乙類焼酎(本格焼酎)と甲類焼酎、混和焼酎の違いは?

水割りにおすすめ! 本格焼酎の代表格「芋焼酎・麦焼酎・米焼酎」の特徴

焼酎は多彩な種類の原料で造られる焼酎ですが、ここでは本格焼酎を代表する芋焼酎・麦焼酎・米焼酎の特徴を見ていきましょう。

【芋焼酎】
芋焼酎は、サツマイモを主原料とした本格焼酎。その魅力の筆頭に挙げられるのが、原料由来の素朴な甘さと香りです。芋特有の臭いについては賛否両論があるようですが、原料芋の品種改良や製法の研究が進んだ近年では、芋由来のやさしい甘さを生かしつつ、芋臭さを抑えたクセの少ない銘柄や、さわやかでフルーティーな香りを引き出した芋焼酎が続々と登場しています。これにより、ワインや日本酒、カクテルなど、焼酎以外のお酒を好んできた層にもファンが広がっているようです。
銘柄選びの目安のひとつに黒麹や白麹、黄麹といった麹の種類がありますが、濃厚な香味と深いコク、キレのよさが特徴の黒麹は、どちらかというとロックやお湯割り向き。水割りならではの魅力を堪能するなら、白麹や黄麹がおすすめです。芋臭さを抑えたマイルドな味わいを好む人は白麹仕込みのものを、フルーティーな香りをたのしみたい人は黄麹を使用したものを選ぶとよいでしょう。

芋焼酎のおすすめ銘柄と、その魅力を紹介!


【麦焼酎】
麦焼酎は、麦を主原料とした本格焼酎。おもに麦焼酎発祥の地である長崎県壱岐市と第二次焼酎ブームを牽引した大分県で生産されています。
壱岐で造られているのは、麦と米麹で造られる「壱岐焼酎」。麦の香りと米由来の甘味が特徴の産地呼称ブランドです。一方、大分県ではおもに麦と麦麹で造る全量麦焼酎が造られています。麦100%の麦焼酎は雑味が少なく、すっきりした味わいが魅力です。
なかには麦チョコのような香ばしさを持つ個性派も存在しますが、比較的クセがなく飲みやすい銘柄が多い麦焼酎は、焼酎の初心者にもおすすめ。水割りにすれば、さらにやわらかでマイルドな飲み心地を堪能できるでしょう。

麦焼酎のおすすめと、飲みやすさの秘密を紹介!


【米焼酎】
米焼酎は、米と米麹から造られる本格焼酎です。おもな産地は熊本県。なかでも人吉球磨地方で造られている「球磨焼酎」は、「壱岐焼酎」と同様に地理的表示が認められています。また米焼酎には、粕取り焼酎と呼ばれる酒粕から造られるタイプもあります。こちらは、個性が強く日本酒のような風味をたのしめるものが多いようです。

初心者でも飲みやすいといわれる米焼酎の魅力といえば、米の旨味や甘味、フルーティーな香りが挙げられますが、特筆すべきは料理との相性。肉や魚、野菜料理や豆腐料理など、どんな料理ともマッチします。もちろん米焼酎の水割りも食中酒におすすめです。やわらかい米の風味とほどよいアルコール感の水割り焼酎が、料理の味を引き立てるはず。

米焼酎の魅力と、飲んでおきたいおすすめの米焼酎


水割り焼酎におすすめの焼酎銘柄をチェック

水割り焼酎におすすめの焼酎銘柄をチェック

P-fotography/ Shutterstock.com

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事