熊本に行って飲んでみたい! おすすめの焼酎【九州編】

熊本に行って飲んでみたい! おすすめの焼酎【九州編】
出典 : naru7/ Shutterstock.com

熊本県は、焼酎の名産地として全国的に知られています。なかでも、熊本県南部の球磨(くま)地方で伝統的に造られる「球磨焼酎」は、独自の文化で発展してきたものです。こちらでは、熊本焼酎の特徴や魅力について紹介します。

  • 更新日:

熊本は、さまざまな焼酎文化の交流地

熊本は、さまざまな焼酎文化の交流地

ajisai13 / Shutterstock.com

熊本県は、隣接する大分県や宮崎県、鹿児島県のそれぞれの焼酎文化が融合した地域です。
鹿児島県で発展している芋焼酎、大分県と宮崎県に根づくそば焼酎の影響は大きなものがあります。これに九州北部で造られる麦焼酎、そして「球磨(くま)焼酎」をはじめ、熊本独自に発展してきた米焼酎もくわえて、幅広い原料の焼酎を造り分けている蔵元が多いのが、熊本県の焼酎造りの特色です。

くわえて、伝統的なかめ仕込みを貫く蔵元や、樽で長期熟成させる蔵元など、蔵元それぞれの個性が強いことも特徴にあげられます。原料だけでなく、製法もバリエーションが豊富なため、たのしみ方の選択肢もそれだけ幅広いということです。

熊本の地名を冠する国際的ブランド「球磨焼酎」

熊本の地名を冠する国際的ブランド「球磨焼酎」

SNT4 / Shutterstock.com

熊本県のなかでも、山に囲まれた盆地を擁する球磨地方では、球磨川の清冽な水と寒暖差のある気候によって育てられる、良質な米の恵みをふんだんに受けることができます。

この地における焼酎造りの歴史は、遠く戦国時代にまでさかのぼります。当時、アジアや琉球との貿易が盛んだったことから、蒸溜酒の製造技術が伝わったとされています。そののち、米の栽培が盛んな球磨地方において蒸溜技術に工夫や発展が加わり、現在の球磨焼酎へと成長していったのです。

こうして独自の文化として地域に根づいてきた球磨焼酎は、WHO(世界貿易機関)から国際的ブランドとしての認定を受け、保護対象となっています。これは、アメリカの「バーボン」やスコットランドの「スコッチウイスキー」、フランスの「コニャックブランデー」「シャンパーニュ」と同様に、その文化的価値が世界から認められたということです。

熊本の人気銘柄

熊本の人気銘柄

Brent Hofacker / Shutterstock.com

熊本県の個性的な焼酎には、人気の高い銘柄がたくさんあります。こちらでは、そのなかから5銘柄をピックアップしました。

香り豊かな吟醸麹【鳥飼(とりかい)】

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識