芋焼酎「魔王(まおう)」とは? 味わいや人気の秘密、入手方法まで紹介

芋焼酎「魔王(まおう)」とは? 味わいや人気の秘密、入手方法まで紹介
出典 : kai keisuke/Shutterstock.com

「魔王」は、一度飲んだら忘れられない味わいの芋焼酎。プレミアム芋焼酎「3M(スリーエム)」のひとつに数えられ、入手困難な銘柄として知られています。今回は、「魔王」の特徴や味わいから名前の由来、定価での入手方法、造り手によるおすすめ銘柄までを紹介します。

  • 更新日:

「魔王」ってどんなお酒?

「魔王」ってどんなお酒?

Fernando Cortes/ Shutterstock.com

芋焼酎「魔王」はどんなお酒なのか、まずは市場での位置づけや誕生秘話、名前の由来から紐といていきます。

「魔王」はプレミアム芋焼酎「3M」のひとつ

「魔王」と聞いて、プレミアム芋焼酎「3M」という言葉を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

プレミアム焼酎とは、商品のグレードを表す言葉とも、おいしい焼酎の代名詞とも言い切れません。この言葉が一般に浸透したきっかけには、2003年の本格焼酎ブーム(第三次焼酎ブーム)がありました。
本格焼酎とは、伝統的な単式蒸溜で造られる「乙類焼酎」のなかでも、規定された原料のみを用いるなどの基準を満たした焼酎のこと。芋や麦 、米 など原料由来の香りや風味がしっかりと感じ取れるため、爆発的なヒットとなりました。
なかでもクオリティの高さで人気に火がつき、需要に供給が追いつかないために入手困難となった銘柄は「プレミアム焼酎」と呼ばれ、おもにインターネットを介して高値で取り引きされるようになりました。

「魔王」はまさしくプレミアム焼酎の代表格。同じく人気が沸騰して市場価格が高騰した鹿児島の芋焼酎「村尾」「森伊蔵」と合わせて、プレミアム芋焼酎「3M」と呼ばれています。

「魔王」の造り手、「白玉の露」を造る白玉醸造とは?

「魔王」を手掛ける鹿児島の白玉醸造は、本土最南端の焼酎蔵として知られる明治37年(1904年)創業の老舗蔵元。戦後は梅酒やポンカン酒などのリキュール製造も行いながら、「白玉の露」をはじめとする焼酎を造っていましたが、若者の焼酎離れが危惧されるなか、現社長が世に送り出した「魔王」が2000年代前半の本格焼酎ブームで大ヒット。インパクトある銘柄名とともにロックという芋焼酎の飲み方を世に浸透させました。

全国にその名を轟かせた今も規模拡大を図ることのない白玉醸造は、おいしい焼酎をていねいに造り続ける堅実な蔵元として、酒類業界でも飲み手の間でも高い評価を得ています。

「魔王」が幻の焼酎といわれる理由

「魔王」は「幻の焼酎」と呼ばれることがありますが、これは高まる需要に対して生産が追いつかず、市場に出回ってもすぐに買い手がついてしまうことから。人気のお酒を買い集めて高値で販売するブローカーの手に回ることもあり、定価の何倍もの価格で取り引きされることもあるようです。

インターネット上ではどうしても高額での取り引きばかりが目立ちますが、実際は適正価格というものが存在します。これについては下で詳しく解説します。

「魔王」という一度聞いたら忘れない名前の由来

「魔王」は味もさることながら、名前にも強烈なインパクトがあります。一度聞いたら忘れられない、その銘柄名はどのようにして生まれたのでしょうか。

ウイスキーやブランデー、ワインなどの洋酒は、その熟成段階で酒に含まれる水分やアルコール分が樽からしみ出て、原酒の量が少しずつ減少していきます。洋酒の造り手たちは、縁起かつぎの意味を込めて、この減少分を「天使の分け前」または「天使の取り分」と呼びます。
「魔王」という銘柄名には、その天使を誘惑し、魔界へ最高の酒を調達する悪魔たちによってもたらされた特別な酒、という意味が込められているといいます。

「魔王」は、このネーミングの圧倒的なインパクトにくわえて、熟成酒ならではの穏やかな風味が人気を呼び、本格焼酎ブームという追い風が吹くなか、「村尾」「森伊蔵」と合わせて「3M」あるいは「鹿児島御三家焼酎」の一翼を担うまでの人気銘柄になりました。

「魔王」の味わいと人気の秘密

「魔王」の味わいと人気の秘密

jazz3311/ Shutterstock.com

ここでは、「魔王」の味わいと、その人気を支えるこだわりの製法をみていきます。

「魔王」の味わい

「魔王」の特徴は、従来の芋焼酎特有の“芋くささ”を感じさせないスッキリした味わいと、禍々(まがまが)しい名前の印象とはかけ離れた華やかかつフルーティーな香り、そして豊かな余韻にあります。

とりわけ芋焼酎が脚光を浴びた本格焼酎ブームは、原料由来の芳醇な香りとコク、旨味を特徴に持つ黒麹焼酎のターンでもありました。それまでの軽やかで飲みやすい白麹仕込みに代わって、重厚な味わいの黒麹仕込みが注目を集めるなか、芋くささや甘味といった芋らしさをあえて抑え、リンゴの香りを想わせる吟醸香を引き出した「魔王」は、芋焼酎のイメージを一新。また、お湯割りに合うというそれまでの固定観念を覆し、ロックという飲み方を提唱して芋焼酎の新たな潮流を生み出しました。

「魔王」のおいしさを育むこだわりの製法とは?

「魔王」のおいしさの秘密は、おもに麹と蒸溜、熟成にあります。もちろん、原料の国産芋や米麹、仕込みや割り水に使われる水も重要な役割を果たしていますが、ここでは「魔王」を特徴づける製法上の秘密をキーワード別にみていきます。

黄麹仕込み

焼酎は主原料を発酵させて得られたアルコール含有物を蒸溜して造るお酒ですが、発酵に欠かせないのがもうひとつの原料である麹の存在。芋焼酎では多くの場合、米麹が使われます。

米麹は蒸した米にカビの一種である麹菌をまぶし、高温多湿な環境で繁殖させて造りますが、ここで使用する麹菌の種類も焼酎の味わいを左右する重要な要素です。

芋焼酎では、おもに穏やかな香りとやわらかな味わいをもたらす白麹や、芳醇な香りと濃厚な味わいに仕上がる傾向がある黒麹が使われますが、「魔王」では日本酒に使われる黄麹を使用。これによって、吟醸香を想わせる華やかな香りが生まれるのです。

黄麹とは? 黄麹で仕込んだ本格焼酎の魅力を徹底解説【焼酎用語集】

減圧蒸溜

本格焼酎の蒸溜方法には、通常の気圧下で行う「常圧蒸溜」と蒸溜機内の気圧を下げて行う「減圧蒸溜」の2つの方法があります。昔ながらの常圧蒸溜では、もろみを高温で蒸溜するため、雑味などの成分もアルコールと一緒に抽出されますが、気圧を下げれば沸点も下がるという特性を活かした減圧蒸溜では比較的低い温度で蒸溜を行うため、雑味が適度に取り除かれたスッキリとした酒質に仕上がります。

「魔王」の芋くささを感じさせないスッキリとした味わいは、減圧蒸溜がもたらす特長といえるでしょう。

「減圧蒸溜」とは? その仕組みと魅力【焼酎用語集】

熟成

「魔王」の飲み飽きしない穏やかな風味は、熟成のたまものです。

焼酎は時間をかけて熟成することで角が取れ、まろやかな酒質に変化していきます。一般的な本格焼酎は、約1〜3カ月の貯蔵・熟成期間を経て出荷されますが、なかには3カ月以上かけて貯蔵・熟成させる銘柄もあり、「熟成酒(熟成焼酎)」として区別されています。「魔王」はこの熟成酒にあたります。

焼酎を熟成させると味わいや香りはどう変わる? 「熟成焼酎」の奥深い魅力を探る【焼酎用語集】

「魔王」の適正価格と入手方法を知っておこう

「魔王」の適正価格と入手方法を知っておこう

Martin Prague/ Shutterstock.com

「魔王」は希少価値の高い焼酎。高額で取り引きされるケースもありますが、前述したように適正価格が存在します。

「魔王」の定価と相場は?

「魔王」の蔵元が設定する定価は、1,800mlで2,893円(税別)。これに対して、オンラインショップでは7,000〜10,000円ほどの価格で取り引きされている場合もあります。定価に近い価格で抽選販売されたり、ほかの銘柄とのセット商品として登場したりすることはありますが、数に限りがあるため、入手困難な状況に変わりはありません。

「魔王」はどこで入手できる? 定価で購入する方法も!

価格を気にせず今すぐ「魔王」を入手したいという人は、ネットのショップを利用するという手もありますが、適正価格で購入したい場合は以下の方法がおすすめです。

玉利商店に予約を入れて定価購入

白玉醸造社長の名字を冠した「玉利商店」という有限会社があります。ここに電話をかけて申込用紙を取り寄せ、所定の手続きを踏むことで、「魔王」を定価購入することができます。注文から発送までに半年から1年ほどかかるようですが、確実に入手したい人はぜひ試してみてください。
※商品代金のほかに別途代引き手数料込みの送料と梱包代が必要です。

有限会社玉利商店
0994-40-3741

オンラインショップでほかの銘柄とセット購入

常に在庫があるわけではありませんが、百貨店や酒販店のオンラインショップでほかの銘柄とセット販売されることがあります。
おすすめは、「こだわり酒類専門販売店 赤塚屋」。ほかの商品と抱き合わせで、魔王1,800mlを定価にほど近い価格で購入できます。ただし、在庫があってもすぐに売り切れてしまうので、こまめにチェックすることをおすすめします。

こだわり酒類専門販売店 赤塚屋

「魔王」の蔵元・白玉醸造のおすすめ銘柄

「魔王」の蔵元・白玉醸造のおすすめ銘柄

Chiristsumo/ Shutterstock.com

「魔王」の造り手、白玉醸造の芋焼酎銘柄を紹介します。

白玉の露

大隈産の黄金千貫を原料に使った白麹仕込みの芋焼酎。やさしい芋の香りとまろやかな風味、引き締まった余韻をたのしめます。

元老院

麦焼酎と芋焼酎を絶妙なバランスでブレンドした、琥珀色の長期貯蔵焼酎。麦の香ばしさと芋の甘味が味わえる、「魔王」に並ぶ人気の逸品です。

天誅

米焼酎と芋焼酎をブレンドした本格焼酎。米焼酎が持つ深い味わいと芋焼酎らしいまろみが見事に調和した風味豊かな1本です。

「魔王」は入手困難な芋焼酎ですが、飲食店で味わうチャンスは少なくありません。良心的な価格で提供している飲食店もあるので、お店で出会った際は迷わず注文して、その魅力を堪能してください。

製造元:白玉醸造株式会社
公式サイトはありません

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事