東京・中目黒『HINEMOS 中目黒店』/“時間”に寄り添う日本酒を、より身近にたのしむ

東京・中目黒『HINEMOS 中目黒店』/“時間”に寄り添う日本酒を、より身近にたのしむ
出典 : 画像提供/HINEMOS

“時間”に寄り添う日本酒『HINEMOS(ひねもす)』。飲む時刻や場所、シーンに合わせた味わいの日本酒を提案するブランドです。2023年7月に初となる直営店「HINEMOS中目黒店」がオープン。全12銘柄を試飲した上で購入できるというスポットを訪ねました。

  • 更新日:

日本酒の魅力を、国内外に発信したい

昨年7月に12種類の日本酒が揃い、ラインナップが完成しました。画像提供/HINEMOS

HINEMOS(ひねもす)とは漢字で書くと「終日」。朝から晩までずっと続く様を意味しています。AM・PM表記の12時間に着想を得た『ROKUJI(6時)』~『GOJI(5時)』までの時刻を名前とする12種類で、“時間”に寄り添ったたのしみ方を提案している日本酒ブランドなのです。

その発想の斬新さ、味わいのバリエーションの豊かさ、目を惹くボトルデザイン……。このユニークな日本酒が誕生した経緯を、COOの渡辺毅志(わたなべ・たけし)さんにお聞きしました。

「ずばり日本の酒と書いて日本酒。とても美味しくて素晴らしいお酒なのに、嗜む若い人が減りつつあり、輸出が増えているとはいってもまだまだ限定的であるという現状があります。しかし、日本酒には世界中の人々に飲んでもらえるポテンシャルがあり、世界に誇れるようなブランドを創ることもできるのではないかと、創業者(現CEO)の酒井が考え始めた、これがプロジェクトの発端です」。

日本酒に大きな可能性を感じた酒井さんは、酒蔵の試飲会や鑑評会などに数多く足を運びました。
「実際に多種多様な日本酒を味見しましたが、国が主催しているコンクールなどの審査対象になるのはほぼ純米大吟醸で、酒蔵の職人たちが技術を磨いている場所だと感じました。もちろん、これらのコンクールが先人たちの醸造技術の進歩につながっていることは理解したものの、アルコール度数15%前後の日本酒だけが日本酒ではないのにな、というところにチャンスがあるのではないかと考えたそうです」。

そんな折、酒井さんが口にして感動したのが、アルコール分が低い、甘口の日本酒だったそう。
「こんなお酒が初めて飲む日本酒になったら、もっと日本酒が好きな人が増えるんじゃないかと直感的に閃いたそうです。“日本酒と言えば15%の純米大吟醸”のような固定観念にとらわれず、もっと低アルコールでさまざまなタイプがあれば、日本酒を飲む人々の層が広がると考えました」。

2019年の『SHICHIJI』と『REIJI』の2銘柄からスタート。毎年他の時間帯のお酒をリリースし、4年をかけて2023年7月に最後の時間帯である『ROKUJI』がリリースされ、個性豊かなラインナップが完成したのです。

「最初にリリースされた『SHICHIJI』は、低アルコールの微発泡の甘口スパークリング日本酒で、HINEMOSで人気No.1の銘柄になっています」。画像提供/HINEMOS

時間を表すボトルを満たすのは、高品質の日本酒

左端の先頭『ROKUJI』から『GOJI』までの12アイテムで、容量は500ミリリットルと飲み比べセット用の170ミリリットルの2パターンで展開。画像提供/HINEMOS

HINEMOSを紹介するのに、ユニークなボトルデザインに触れないわけにはいきません。
「四合瓶や一升瓶に詰められ、貼られたラベルには漢字で名前が描かれているのが一般的な日本酒のイメージだと思いますが、我々が同じことをやってもなかなか差別化が難しいなと感じました。さらに、裏ラベルについても「精米歩合」とか「山田錦」のように専門用語だけが書かれていると、初めて日本酒を手に取る人、ましてや海外の人にはなかなかご理解いただけないのではと思ったのです」。

いったん開封すると保管が難しい日本酒ゆえ、四合でも持て余してしまう場面が多いことを想定し、500ミリリットルのボトルに。一人暮らしの女性の冷蔵庫に入っていても、違和感のないサイズになっています。

斬新なボトルデザインは“時間”がコンセプト。ラベル、キャップ、キャップシールの全てに、“時間”が施されていました。時間帯を表す1時間の形(円弧) を瓶表面にデザインし、ブランドイメージを形成。専門用語の記載は、最低限に抑えています。何よりもそのスタイリッシュさに、思わず手に取ってみたくなることでしょう。

ボトル表面には時刻を表す数字が。画像提供/HINEMOS

続いて気になるのは造り。“時間”に寄り添う日本酒を造っているのはどんな蔵なのでしょうか? また個性の違う 12種類の日本酒をどのようにして醸しているのかにも、興味津々です。
「醸造責任者の湯浅俊作は、愛知県で創業した『森山酒造』の12代目。1988年生まれと若く、これまでの固定観念にとらわれない酒造りに取り組んでいます。日本に150名程度しかいない清酒専門評価者の一人で、名実ともに日本酒のプロフェッショナルなんですよ」。

2021年の夏に『森山酒造』は神奈川県小田原市に移転し、HINEMOSを醸すように。画期的だったのが、過去に前例のない“冷蔵倉庫の中での酒造り”です。
「日本酒は通常寒い時期しか仕込めないのですが、私たちは体育館のような巨大な冷蔵庫の中に醸造設備を展開。年中いつでも仕込みができる“四季醸造”を可能にしました」。

そう“四季醸造”により醸造回数が増えて多種多様な日本酒を造ることが可能になり、さまざまなチャレンジもできる環境となったのです。

冷蔵庫内の酒蔵で奮闘する湯浅さん。画像提供/HINEMOS

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事