「黄金千貫(コガネセンガン) 」で造られる芋焼酎の特徴は?【焼酎用語集】

「黄金千貫(コガネセンガン) 」で造られる芋焼酎の特徴は?【焼酎用語集】
出典 : SOMMAI/ Shutterstock.com

「黄金千貫(コガネセンガン)」は芋焼酎の原料芋のひとつ。造り手にも飲み手にとってもメリットたっぷりの品種として人気を博しています。ここでは黄金千貫の特徴に着目。その魅力に迫りつつ、味わいの系統別におすすめの銘柄を紹介していきます。

  • 更新日:

黄金千貫(コガネセンガン)の登場が芋焼酎を変えた?

Piyaset/ Shutterstock.com

黄金千貫(コガネセンガン)の誕生は昭和41年

黄金千貫(コガネセンガン)は、芋焼酎の原料に使われるサツマイモの品種の代表格。農林水産省が発表したいも・でん粉に関する資料「かんしょ(サツマイモ)品種の普及状況」(令和元年度版)によると、平成29年の品種別の作付けシェアは黄金千貫が22.2%で堂々1位。以下、生食用のベニアズマ(15.7%)、べにはるか(13.1%)、高系(こうけい)14号(11.8%)、でん粉原料用のシロユタカ(9.8%)と続きます。

日本で一番作られているサツマイモの品種、黄金千貫が誕生したのは、昭和41年(1966年)のこと。「農研機構」の略称で知られる国立の研究機関、九州沖縄農業研究センター(当時は九州農業試験場)にて、当時の所長で無類の酒好きで知られた農学博士・坂井健吉(さかいけんきち)氏によって育成され、「かんしょ農林31号」として品種登録されました。

黄金千貫(コガネセンガン)ってどんなサツマイモ?

黄金千貫は、在来品種とジャワ島由来の品種を交配した「鹿系7ー120」と、アメリカのでん粉原料用品種「L-4-5」から生まれたサツマイモ。黄金色の皮と淡黄色(黄白色)の果肉が特徴で、でん粉の粒子が細かく舌触りもよいことから、芋焼酎の原料だけでなく食用芋としても使われています。

黄金千貫という名前の由来には諸説あり、「黄金色のイモがざくざく穫れる」「黄金を千貫積むほど値打ちがあるイモ」といった説が語り継がれています。※「貫」は銭を数える単位です。

黄金千貫は、「ざくざく穫れる」といわれるように収穫量が多く、それまで芋焼酎の原料芋の主流とされていた「農林2号」と比べてアルコール発酵に必要なでん粉の含有量が多いことから、芋焼酎の原料の新定番として急速に普及していきました。

近年では、「サツママサリ」などの純アルコール収得量(純アルコールを収得できる量)が高い新品種が登場し、注目を集めていますが、黄金千貫の人気は今も健在です。

黄金千貫で造られる焼酎は味わいの面でも人気です。次で、焼酎ファンをうならせる、味わいの魅力を見ていきましょう。

黄金千貫(コガネセンガン)で造った芋焼酎の魅力

kai keisuke/ Shutterstock.com

黄金千貫(コガネセンガン)は芋焼酎の味わいを上品に

黄金千貫はでん粉の歩留まり率(生産割合)が高いことから、効率よくアルコールを造り出せる理想的な原料芋として多くの造り手に重宝されてきました。しかしこの品種の魅力は、それだけに留まりません。

黄金千貫を原料にした芋焼酎は、ふんわりとしたやさしい香りとキレのよい甘味が特徴で、バランスのよさに定評があります。かつて芋焼酎は独特の芋臭さから、「クセが強い酒」と敬遠されることもありましたが、黄金千貫の上品な香りと甘さのバランスによって多くの人に受け入れられるようになりました。もちろん減圧蒸留など、蒸溜技術発達の影響も見逃せませんが、「黄金千貫は飲み手の認識を書き換えた芋」といっても過言ではないでしょう。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事