プレミアム焼酎の「佐藤」、黒麹を使った「佐藤黒」の魅力

プレミアム焼酎の「佐藤」、黒麹を使った「佐藤黒」の魅力

一般的になかなか手に入らない「幻の焼酎」といえば、3Mと呼ばれる「森伊蔵」「魔王」「村尾」。それらと同等、時にはそれ以上に人気が高いプレミアム焼酎が、鹿児島県北部にある霧島市で作られている「佐藤 黒」。今回はその魅力、そして味わい方に迫ります。

  • 更新日:

佐藤酒造について

jazz3311 / Shutterstock.com

プレミアム焼酎の「佐藤」を醸すのは、1906年創業の佐藤酒造。当初は鹿児島県姶良市加治木町にて焼酎造りを行っていましたが、戦後、鹿児島県北部の霧島市牧園町に移転。現在も同地にて、霧島山系の伏流水を仕込み水に、限りなく素直な芋の香りや味を表現する焼酎造りに励んでいます。製造する芋焼酎は「佐藤」「さつま」。それぞれ白麹、黒麹仕込みがありますが、いずれもしっかりと芋の旨味が味わえる、まさに質実剛健な本格芋焼酎ばかりです。

「佐藤 黒」の魅力

NOBUHIRO ASADA/ Shutterstock.com

鹿児島を代表する焼酎用のサツマイモ、コガネセンガンを一つひとつタワシで下処理し、丁寧な仕込みから生まれる「佐藤」。甘口でサツマイモ本来の香りとの飲みやすさから、女性的とも評される白麹仕込みの「佐藤」に対し、黒麹を使った「黒麹仕込佐藤」、通称「佐藤 黒」は、サツマイモのしっかりした甘さのほか、力強い香りと味わいも併せ持つ男性的な芋焼酎です。さらに数年に渡る丁寧な熟成によって生まれる、繊細かつなめらかな舌触りは料理の邪魔もしないことから、食中酒としても定評があります。

おいしい飲み方

jazz3311/ Shutterstock.com

限りなく素直に、しっかりと芋の香りや甘味、味の表現にこだわって造られた焼酎だけに、その味をより満喫するなら、やはりお湯割りでしょう。「佐藤 黒」が持つ独特の重厚でやわらかな甘味が口の中でゆっくりと広がり、喉を通った後も、その贅沢な余韻に浸ることができます。

鹿児島ならではの味わい方としては、前日までに水と焼酎を前割りして、ぬる燗で味わうのもいいでしょう。また、ロックでは味の広がりが少し抑え気味になる反面、とろりとした舌触りがたのしめることから、ロックで愛飲されるファンも少なくないようです。
佐藤酒造の詳細はこちら

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識