鹿児島に行って飲んでみたい! おすすめの焼酎【九州編】

鹿児島に行って飲んでみたい! おすすめの焼酎【九州編】
出典 : EQRoy/ Shutterstock.com

鹿児島は国内1、2位を争う焼酎王国。蔵元や酒造場の数では日本一を誇り、銘柄数は二千を超えているといわれています。なかでも全国の焼酎ファンから熱い視線を集めているのが、薩摩の芋焼酎と奄美の黒糖焼酎。その魅力を探ります。

  • 更新日:

強烈なインパクトを放つネーミングとラベルの文字が目を引く「魔王」は、明治37年(1904年)創業の老舗蔵、白玉醸造の現社長が若者の焼酎離れを危惧する思いから生み出した逸品。「村尾」や「森伊蔵」とともにプレミアム焼酎「3M」の一翼を担い、芋焼酎ブームを牽引する銘柄としても知られており、入手困難さでは群を抜きます。
銘柄の強烈なイメージとは対照的に、芋焼酎特有の“芋くささ”を感じさせない、すっきりした味わいが人気の秘密。熟成酒ならではのまろやかな口当たりもたのしめます。

鹿児島の焼酎【魔王(まおう)】味わいもその名もインパクト絶大!

芋ならではの旨味に酔う【佐藤(さとう)】

「佐藤」は白・黒二種の芋焼酎と、麦焼酎とで展開する人気銘柄。なかでも芋焼酎「佐藤 黒」は、黒麹仕込み特有の力強さから、プレミアム焼酎「3M」に匹敵する幻の焼酎として注目されています。
芋焼酎「佐藤」最大の特徴は、芋ならではの旨味が味わえること。国内有数の名水として知られる霧島の湧き水を仕込み水や割水に用いることで、飲みやすさやキレのよさだけでなく、素材本来の香味をストレートに表現しています。飲みやすさを重視するなら甘口の「佐藤 白」が、芋の香ばしさやコク、インパクトのある甘さを求める人には「佐藤 黒」がおすすめです。

鹿児島の焼酎【佐藤(さとう)】芋焼酎3Mに匹敵する、プレミアム級の味わい

西郷隆盛ゆかりの芋焼酎【村尾(むらお)】

あの西郷隆盛もお茶を飲みに寄っていたという老舗蔵、村尾酒造が手がける幻の芋焼酎。明治35年(1902年)の創業当時から受け継がれた、昔ながらの製法を守り抜いているため、生産量が極めて少なく、出荷本数が需要を満たすことはありません。入手の困難さから高値で取引されるケースが多く、「魔王」や「森伊蔵」と並んでプレミアム焼酎「3M」と呼ばれています。
こだわりの製法のなかでも、特筆すべきは伝統の「かめ壺仕込み」。ステンレスやホーローのタンクを使わず、焼き物の容器でじっくり熟成された芋焼酎は、まろやかで深みのある味わいに仕上がっています。

鹿児島の焼酎【村尾(むらお)】鹿児島を代表するプレミアム芋焼酎が入手困難な理由

元祖プレミアム焼酎【伊佐美(いさみ)】

焼酎発祥の地として知られる鹿児島県伊佐市で誕生した芋焼酎「伊佐美」は、本格焼酎ブームの到来以前から「幻の焼酎」といわれてきたプレミアム焼酎の元祖。ひとつの銘柄だけを大切に育んできた甲斐商店は、白麹が一般的だった時代から黒麹にこだわり、伝統的な「かめ壺仕込み」で手間暇を惜しまない焼酎造りを続けてきました。
手造りならではの素朴な風味、黒仕込みならではの力強さ、コクと甘味の絶妙なバランスは、一度飲んだらクセになること間違いなし。芋の鮮度にもこだわりがあり、仕込みは収穫期である9月から翌年3月までに限定。生産量が少ないため、入手は常に困難な状況ですが、見かけたら迷わず入手したいものです。

鹿児島の焼酎【伊佐美(いさみ)】元祖プレミアム焼酎として名高い芋焼酎

元フランス大統領も愛飲【森伊蔵(もりいぞう)】

「魔王」「村尾」と合わせてプレミアム焼酎「3M」と呼ばれる1本。明治18年(1885年)創業の老舗蔵、森伊蔵酒造が「飲む人が直接買いに来られるような焼酎を造ろう」という想いから、それまでの焼酎造りを見直し、試行錯誤の末にたどりついた最高傑作です。
初蔵出しは昭和63年(1988年)。昔ながらの「かめ壺仕込み」に育まれた、まろやかで上品な味わいは、元フランス大統領をも魅了するほど。入手は非常に困難ですが、蔵元が定期的に行う抽選に登録するか、JAL(日本航空)が一部の利用者向けに行う機内販売サービスを利用すれば、定価で購入できる可能性もあるので、ぜひチェックしてみてください。

鹿児島の焼酎【森伊蔵(もりいぞう)】鹿児島が誇るプレミアム芋焼酎

鹿児島のそのほかの注目銘柄

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識