鹿児島の焼酎【村尾(むらお)】鹿児島を代表するプレミアム芋焼酎が入手困難な理由

鹿児島の焼酎【村尾(むらお)】鹿児島を代表するプレミアム芋焼酎が入手困難な理由
出典 : Osugi/ Shutterstock.com

「村尾」は「魔王」「森伊蔵」とともにプレミアム芋焼酎「3M」と呼ばれる逸品。“至高”とされる味わいもさることながら、入手の難しさと市場価格でも群を抜く“幻の芋焼酎”です。今回は、そんな村尾の人気の秘密をひもときます。

  • 更新日:

「村尾」は西郷隆盛ゆかりの蔵が造る幻の逸品

「村尾」は西郷隆盛ゆかりの蔵が造る幻の逸品

Phuong D. Nguyen/ Shutterstock.com

「村尾」は、鹿児島県薩摩川内市の自然豊かな山里にある酒蔵、村尾酒造の人気銘柄です。この蔵を代表する銘柄が、芋焼酎「薩摩茶屋」。村尾酒造の蔵近くには薩摩藩公の御茶屋敷跡があり、かの西郷隆盛がこの屋敷を訪れた際に、蔵にもお茶を飲みに寄っていたことから命名されたのだとか。

この西郷隆盛ゆかりの酒蔵が、焼酎の製造免許を取得したのは、明治35年(1902年)のこと。以来、今日まで4代にわたって、伝統の「かめ壺仕込み」をはじめ、すべての工程を手造りで焼酎造りを続けてきました。手間暇かけて造られるこの蔵の芋焼酎は、しっかりと芋の風味が生きた、通好みの味に仕上がっています。

ちなみに、村尾は多くのサイトで「西郷隆盛が愛した焼酎」などと紹介されていますが、西郷隆盛が亡くなったのは明治10年(1877年)のこと。村尾酒造の創業時期と照らし合わせると疑問が生じます。おそらく、創業以前からの蔵の歴史との関わりが拡大解釈された結果、上記のような俗説が生まれたのではないでしょうか?

「村尾」がプレミアム焼酎3Mのひとつに数えられる理由

「村尾」がプレミアム焼酎3Mのひとつに数えられる理由

taa22/ Shutterstock.com

「村尾」は、「魔王」や「森伊蔵」と並ぶプレミアム芋焼酎「3M」のひとつとして知られ、不動の人気を集める銘柄。“幻の芋焼酎”と呼ばれる理由は、その突出した味わいと入手困難さにあります。

飲みやすさの「魔王」と、バランス感の「森伊蔵」に対し、「村尾」の強みは芋ならではの香ばしさだといわれています。
単に芋の香りが強いのではなく、ほのかな甘味とまろやかさのなかに、さわやかな口当たりと独特のドライ感、キレのよさを兼ね備えた、じつに深みのある味がたのしめます。この深い味わいこそが、飲んだ人の心をつかんで離さない人気の秘密といえそうです。

しかし、どれだけ人気が高まろうと、村尾酒造は手間暇かけた製法を守り抜いています。「村尾」に限らず、「薩摩茶屋」も含めて、その年に造った焼酎は翌年までにすべて売り切ってしまうのが村尾焼酎のスタイル。在庫が残ることもなく、生産が需要に追いつかないことから、「プレミアム」な存在となっているのです。

「村尾」を定価で入手する方法は?

「村尾」を定価で入手する方法は?

Unchalee Khun/ Shutterstock.com

「村尾」は常に入手困難で、ネット上では市場価格が1万円を超えることも珍しくないほどです。だからといって、蔵元での定価設定に変わりはありません。誰かが転売によって不当な利益を得ていることになりますので、あまり感心できません。

入手困難とはいっても、村尾を定価で入手する方法もありますので、こちらでの購入がおすすめです。
たとえば村尾を国際線のファーストクラスで提供しているANA(全日空)では、国際線の機内販売でも村尾を扱っています。また、蔵元が認めた特定の販売店では、期間や数量限定ながら、定価販売されることもあります。

どちらも取扱い本数は非常に少なく、なかなか手に入らないのが現状ですが、だからこそ、出会えたときのよろこびも大きいのではないでしょうか。

「村尾」を生んだ伝統的な製法「かめ壺仕込み」とは?

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識