宮崎に行って飲んでみたい! おすすめの焼酎【九州編】

宮崎に行って飲んでみたい! おすすめの焼酎【九州編】
出典 : Sara Winter / Shutterstock.com

宮崎県は、焼酎造りが盛んな九州のなかでも、芋、麦、米、そばなど、さまざまな原料を使用した、バラエティに富んだ焼酎をたのしめることが特徴です。九州山脈の豊かな自然が育む天然水で仕込んだ、宮崎焼酎の魅力について紹介しましょう。

  • 更新日:
宮崎のそのほかの注目銘柄

NOBUHIRO ASADA / Shutterstock.com

バラエティに富んだ宮崎の焼酎には、まだまだ個性的な銘柄が数多く揃っています。いずれも一度は試してみたい逸品ばかりです。

「ジョイホワイト」を使ったフルーティな芋焼酎【山ねこ(やまねこ)】

「山ねこ」を造る尾鈴山蒸溜所は、「百年の孤独」や「㐂六」で知られる焼酎蔵、黒木本店の別蔵です。宮崎の深い森林に囲まれた山中に位置し、蒸溜所の脇を流れる谷川の源流部の湧水と自社培養の独自の酵母菌を使って手作業で仕込みを行っています。
「山ねこ」は芋焼酎ですが、使用する芋は一般的な「コガネセンガン」ではなくフルーティな香りが特徴の「ジョイホワイト」。熟成貯蔵することで、さわやかな香りとサラリとしたのどごし、まろやかな味わいを実現しました。清涼感のある風味ですっきりとして飲みやすく、多くの女性から支持を集めています。

宮崎の焼酎【山ねこ(やまねこ)】自然豊かな環境から生まれる酒

「そば」を原料とした不動のパイオニア【雲海(うんかい)】

昭和42年(1967年)にわずか8人の従業員で五ヶ瀬に創業した雲海酒造は、焼酎蔵としては比較的後発です。しかし、昭和48年(1973年)に日本で初となるそば焼酎「雲海」を開発すると、そのおいしさから一躍有名になりました。今ではそばも芋・麦・米に次いでメジャーな原材料になっており、とくに宮崎では芋・麦に匹敵するほどそば焼酎が飲まれています。
そば焼酎の大きな特徴は、その甘味。独特のキレのあるスッキリとした甘さは女性にも人気があり、また芳しい香りがふわりと鼻を抜けます。「雲海」はそば焼酎のスタンダードともいえる味わいで、初めて飲むという人にもおすすめです。

宮崎の焼酎【雲海(うんかい)】五ヶ瀬の自然が生んだ元祖本格そば焼酎

神話の里から贈るさわやかな芋焼酎【天孫降臨(てんそんこうりん)】

神楽酒造が蔵を構える高千穂は、日本神話の里。「天孫降臨」という銘柄は、アマテラスオオミカミの勅命を受けたニニギノミコトが、地上界を治めるために天界から高千穂に降り立ったという神話に由来しています。
南九州産の原料芋「コガネセンガン」のみを使用した「天孫降臨」は、芋焼酎としてはめずらしく低温蒸溜(減圧蒸溜)を採用することで、芋独特の臭みを消して華やかかつスッキリとした風味を引き出すことに成功しました。軽いタッチで飲めるため、初めての方でも飲みやすい味わいです。

宮崎の焼酎【天孫降臨(てんそんこうりん)】神話の里から生まれた酒

家族で造る甘くてやさしい芋焼酎【月の中(つきのなか)】

「月の中」の造り手、岩倉酒造は、家族4人で営む小さな蔵。稼働するのは掘り上げたばかりの地元産の原料芋が手に入る夏から秋までの約3カ月間です。製造工程は麹仕込みから芋洗い、芋蒸し、蒸溜、瓶詰、出荷まですべてが手作業。とくに芋の選別は、悪いところがないか、ひとつずつしっかり調べます。
そうして造り上げた芋焼酎「月の中」は、しっかりとした旨味が詰まったふくよかな味わいに。口中に広がるやさしい甘味と豊かな芋の香りに女性ファンも多いのだとか。小規模な蔵元なので生産量が少なく、また卸している販売店も限られているため、まさに希少な逸品といえるでしょう。

宮崎の焼酎【月の中(つきのなか)】家族愛を感じて飲む酒

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事