長野県の日本酒の特色

長野県の日本酒の特色

長野の日本酒は、全国2位の数をほこる酒蔵ごとに、地元産の酒造好適米「美山錦」などを活かした様々な味わいが楽しめます。真澄(ますみ)、夜明け前、明鏡止水(めいきょうしすい)、水尾(みずお)、十九(じゅうく)など、自然豊かな土地で造られる長野県の日本酒の特徴、人気の日本酒銘柄を紹介します。

  • 更新日:

長野県の日本酒の特色

長野は、県土の80%が林野で占められた自然豊かな土地で、雄大な山々を水源とした澄んだ水。豊富な緑が生む澄んだ空気。冬の厳しい寒さ。と日本酒を造る環境が整っており、新潟に次ぐ、全国2位の酒蔵数を誇ります。
そんな長野の日本酒は、約80もの酒蔵があり、酒蔵ごとの様々な味わいが楽しめます。

「真澄(ますみ)」信州諏訪で350年続く伝統「きょうかい7号」酵母の発祥蔵【長野の日本酒】

「遠藤酒造場」時代の一歩先を行く販売戦略で出荷数を伸ばし続ける【長野の日本酒酒造】

「夜明け前」明治の文豪の代表作を冠した品格ある酒【長野の日本酒】

「明鏡止水(めいきょうしすい)」一点の曇りもなく澄んだ酒【長野の日本酒】

「水尾(みずお)」奥信濃の自然が育む酒【長野の日本酒】

「十九(じゅうく)」進化し続ける鍛錬の酒【長野の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識