長野・宮坂醸造「真澄」〜代々受け継がれ続けた酒造りへの情熱と新たな挑戦とは〜

長野・宮坂醸造「真澄」〜代々受け継がれ続けた酒造りへの情熱と新たな挑戦とは〜

長野県を代表する日本酒として真っ先に名前があがる銘柄「真澄」。“七号酵母発祥の酒蔵”として日本酒界の歴史に名を刻み、全国の日本酒ファンから厚い信頼を寄せられている醸造元の宮坂醸造を訪問し、伝統を守りながら、さまざまな変革を遂げてきたこれまでの歩みや、今後の新たな取組みについてお話をうかがいました。

  • 更新日:

創業は江戸時代初期、ご宝物「真澄の鏡」が酒名に

諏訪を治める諏訪氏の家臣だった宮坂家の先祖が、刀を捨て、藩の御用酒屋に転じたのが1662年。八ヶ岳、南アルプスに連なる山々に囲まれた自然豊かな地で生まれた酒は評判を呼び、「松平忠輝公が愛飲した」「赤穂浪士の一人、大高源吾がその味を絶賛した」など、さまざまな逸話が残されています。
江戸後期には、諏訪大社上社のご宝物「真澄の鏡」から名をいただき、酒名を「真澄」と命名。創業以来350年以上、宮坂醸造が醸す酒は諏訪の地酒として愛され続けています。

日本酒ファンなら誰もが知る、信州を代表する地酒「真澄」。

蔵の歴史を変えた、先々代・宮坂勝氏

江戸末期から大正時代にかけては、経営難で厳しい局面を迎え、一時は廃業も思案した宮坂醸造でしたが、大正中期、先代の急死により二十代で家業を継ぐことになった宮坂勝氏(現社長・直孝氏の祖父)が、「一家円満に役立つ酒を造ろう」と意を固め、同年代の窪田千里氏を杜氏に抜擢し、全国の名門蔵を窪田氏とともに訪ね研鑽を積み、よりおいしい酒造りのために情熱を注ぎました。

(宮坂直孝社長)『祖父はとにかく旨い酒を造るための努力を惜しまず、東京の醸造試験所に何度も足を運び、また、全国の酒蔵をくまなく訪ね歩いたそうです。特に広島の賀茂鶴さんには非常によくしていただいて、酒造りから経営までさまざまなことを教わり、とても感謝していました。子供の頃、「広島県の悪口をいうと家から出すぞ」「賀茂鶴さんを呼び捨てにしたら勘当だ」と厳しくいわれた記憶が残っています。

とても真面目で日本酒に一途な人で、毎日、朝9時から自社の酒のほか、全国の酒をきき酒し、昼には泥酔して一度昼寝をし、夕方から再開。吐器に出してはいましたが、毎日2升近くきき酒をしていました。95歳で亡くなる数週間前まで欠かさず続けていたのは、やはり酒造りに対しての責任感が強かったのでしょう。祖父のことは今でもとても尊敬しています。』

後列左から4人目が窪田千里氏、右から3人目が宮坂勝氏。
直孝社長は尊敬していた祖父の一文字をもらい息子に「勝彦」と名付けました。

昭和21年、「七号酵母」の発見

勝氏と窪田杜氏の二人三脚での努力が実り、「真澄」は全国新酒鑑評会で金賞受賞を重ねるようになりました。
優良酵母の発見に力を注いでいた国税庁醸造試験所は、品評会で好成績を修める真澄に着目。当時所長を務めていた山田正一博士は、真澄の醪(もろみ)から優秀な酵母を採取し「七号酵母」と命名。銘酒を生み出す酵母として多くの酒造メーカーに普及しました。
窪田杜氏は諏訪杜氏のリーダー的な存在となり、酒蔵には他社の杜氏や蔵人が勉強のために連日訪れたそうです。
発見から70余年が過ぎた今も、七号酵母は全国の6割を超える酒蔵で使用されています。

真澄の本拠となる「諏訪蔵」。勝氏と窪田杜氏は蔵人たちに清掃を徹底させていたそう。酒蔵に住み着いていた「蔵つき酵母」が七号酵母に。

諏訪蔵の一角、かつて仕込みタンクが置かれていた場所には「七号酵母誕生の地」と刻まれた黒御影石の石板が埋められている。

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識