本格焼酎の種類はこんなにたくさん! それぞれの特徴と代表銘柄を知っておこう

本格焼酎の種類はこんなにたくさん! それぞれの特徴と代表銘柄を知っておこう
出典 : kazoka/Shutterstock.com

一言で本格焼酎といっても、その種類は多岐に亘ります。おもな違いは、主原料。本格焼酎は原料と麹を発酵させ、蒸溜して造られますが、原料によって味わいは大きく違ってきます。今回は、よく目にするなじみのあるものから、意外な原料を使ったレアなものまで、幅広い種類の本格焼酎を紹介します。

  • 更新日:

定番本格焼酎の種類とその特徴

定番本格焼酎の種類とその特徴

Vi mart/ Shutterstock.com

本格焼酎とはどんな焼酎?

焼酎は、酒税法上の定義に基づき、以下のような2種類に分けられます。

◇甲類焼酎:連続式蒸溜器で蒸溜したもの、かつアルコール分36度未満
◇乙類焼酎(本格焼酎):単式蒸溜器で蒸溜したもの、かつアルコール分45度以下

また乙類焼酎のうち、昔ながらの製法で造られる本格焼酎には、以下のような条件が加わります。

◇「米や麦などの穀類」「芋類」「清酒粕」「黒糖」の4品目、または国税庁長官が定める49品目の原料と麹を使用すること
◇水以外の添加物を一切使わないこと

今回は、この本格焼酎の種類と銘柄を紹介します。

麦焼酎はフルーティーでキレのある味わい

飲みやすさが特徴の、麦焼酎。ほのかにフルーティーな香りと、軽やかでキレのある味わいが特徴です。その名のとおり、主原料は麦。「二条大麦」という、穀粒が2列に並んでいる品種が多く使われています。

麦焼酎にはリーズナブルな価格帯の銘柄が多く、焼酎の初心者でも気軽に試せるのが魅力です。また、あっさりとした味わいのものが多いので、ロックや水割りだけでなく、サワーのベースとして使ってもおいしくたのしめます。

麦焼酎のおすすめと、飲みやすさの秘密を紹介!

米焼酎は優しい甘さとコクのある旨味が特徴

米の旨味と甘味が感じられる米焼酎。麦焼酎よりもコクがあってやや濃厚な味わいに特徴があります。また日本酒よりも優しい甘さで、スッキリとした飲み口もたのしめます。

主原料には国産米、とくに九州で多く生産される「ヒノヒカリ」という品種がよく使われています。また、米が焼酎の味を大きく左右することから、「コシヒカリ」や「あきたこまち」などのブランド米を使う蔵元もあるようです。

米焼酎の魅力と、飲んでおきたいおすすめの米焼酎

芋焼酎は濃厚なコクと独特の香りがクセになる

芋由来の独特の香りがファンを魅了する芋焼酎。主原料のサツマイモにはたくさんの品種があり、使う種類によって個性が違ってきます。

よく使われる品種は、九州南部で多く栽培されている「コガネセンガン」や「シロユタカ」などですが、基本的にはどの品種を使った焼酎でも濃厚で深みのある味わいをたのしめます。

芋焼酎といえば一般的にはサツマイモを使いますが、なかにはジャガイモを使ったものもあります。

芋焼酎の香りや味わいを左右する「芋」の種類を知ろう

泡盛は複雑な香りとしっかりした飲みごたえが魅力

泡盛は沖縄や奄美群島で造られるお酒で、焼酎の一種です。大きな特徴は、原料にタイ米が使われていて、米の糖化に黒麹が使われていること。これにより、アーモンドや乳製品、きのこなど、さまざまなものを連想させるような、豊かな香りが口の中いっぱいに広がります。

泡盛は、ロックや水割りのほか、お茶やコーヒーで割るなど、さまざまな飲み方でたのしめます。

また、泡盛を3年以上熟成させた古酒も人気です。


沖縄が世界に誇る「泡盛」の魅力を大解剖!

本格焼酎の種類は多彩! いろいろと試したくなる、変わり焼酎

本格焼酎の種類は多彩! いろいろと試したくなる、変わり焼酎

itor/ Shutterstock.com

黒糖焼酎はコクのある甘味と飲みやすさが人気

黒糖焼酎は、サトウキビを主原料にした焼酎です。酒税法により、製造を認められているのは奄美群島にある27ほどの蔵元だけ。ほかの地域では造ることができないため、南国の希少なお酒として親しまれています。

黒糖のまろやかな甘味が感じられるリッチな味わいで、クセが少なく、焼酎のなかでも飲みやすい種類として知られています。

黒糖焼酎の魅力と、おすすめの銘柄

シソ焼酎はさわやかでソーダ割りにもピッタリ

シソならではのさわやかな香りと、さっぱりとした飲み口が特徴のシソ焼酎。その名のとおり、主原料の一部に赤シソを使っています。フルーティーさもあり、その飲みやすさから焼酎ビギナーにも人気があります。

おすすめの飲み方はソーダ割り。レモンやグレープフルーツなど、シソと相性のよい柑橘系のジュースや果汁を加えてもおいしくたのしめます。

焼酎なのにフルーティーで飲みやすい!女性に人気のシソ焼酎

そば焼酎はクセが少なく、飲みやすい

そば焼酎は、宮崎県の雲海酒造が生み出した、そばの実を主原料とした焼酎です。そばの実は発酵力が弱く、扱うのが難しい素材。そのため、米や麦と掛け合わせて使われることが多いですが、各蔵元は、「どこまでそばの実の割合を高められるか」という技術力の面でしのぎを削っています。

香り高く、ほのかなそばの風味が感じられるそば焼酎も、クセが少ないため、初心者でも飲みやすい焼酎です。

そば焼酎発祥の宮崎で、元祖を味わう

ほかにも、焼酎の種類はたくさんある

上記以外にもさまざまな素材を使った焼酎があります。たとえば、にんじん、くり、かぼちゃ、えのきたけ、ごま、こんぶ、またたび、牛乳などです。ただし、どんな素材を使ってもよいわけではなく、使用できる素材は酒税法で定められています。

素材ごとに独自の味わいをたのしめるので、お目にかかった際には、ぜひ試してみてくださいね。


ごま、栗、ニンジン、海藻…! 個性的な味わいを生む焼酎の原料

焼酎の種類ごとの代表銘柄

焼酎の種類ごとの代表銘柄

successo images/ Shutterstock.com

麦、芋、米焼酎の代表銘柄

【麦焼酎】

麦焼酎を代表する銘柄には、焼酎ブームをけん引した二階堂酒造の「大分むぎ焼酎 二階堂」や黒木本店の「百年の孤独」、“幻の焼酎”の異名を持つ四ツ谷酒造の「兼八(かねはち)」、“下町のナポレオン”の愛称で親しまれている三和酒類の「いいちこ」などがあります。

麦焼酎のおすすめと、飲みやすさの秘密を紹介!

【米焼酎】

米焼酎の代表銘柄は、長きに渡って米焼酎造りを続けてきた高橋酒造の「白岳(しろ)」、強いこだわりが詰まった鳥飼酒造の「吟香 鳥飼(ぎんか とりかい)」、天草諸島で唯一の焼酎蔵・天草酒造が手がける「天草」などがあります。

米焼酎の魅力と、飲んでおきたいおすすめの米焼酎

【芋焼酎】

芋焼酎の代表銘柄としては、「3M」と呼ばれるプレミア焼酎、森伊蔵酒造の「森伊蔵」、村尾酒造の「村尾」、白玉酒造の「魔王」のほか、霧島酒造の「黒霧島」、西酒造の「富乃宝山」などが挙げられます。

芋焼酎のおすすめ銘柄と、その魅力を紹介!

そのほかの焼酎の代表銘柄

泡盛の銘柄には、比嘉酒造の「残波」、瑞泉酒造の「瑞泉」、宮里酒造所の「カリー春雨」などがあります。黒糖焼酎だと朝日酒造の「朝日」、奄美酒類の「奄美」、奄美大島酒造の「高倉」が有名です。シソ焼酎で名が知られているのは、合同酒精の「鍛高譚(たんたかたん)」でしょう。またそば焼酎には、雲海酒造の「雲海」、高千穂酒造の「刈干(かりぼし)」などがあります。

本格焼酎はバラエティーに富んでいて、奥が深いお酒です。味わいの幅も広くて、たのしみ方もさまざま。これを機に、これまでに飲んだことのない種類の焼酎や、レアな銘柄にも挑戦してみてはいかがでしょうか。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識