米焼酎はどう飲むのが正解? オススメの飲み方を探る

米焼酎はどう飲むのが正解? オススメの飲み方を探る
出典 : Payless Images/Shutterstock.com

米焼酎は、日本人の主食である米を原料とした焼酎で、なじみ深いお米の旨味と香りが魅力。焼酎の飲み方は、ロックや水割り、お湯割りなどさまざまですが、米焼酎はどの飲み方でたのしむのが正解でしょう? 米焼酎をおいしくたのしむためのポイントを調べてみました。

  • 更新日:

米焼酎の特徴と味わいを知ろう

米焼酎の特徴と味わいを知ろう

taka1022/Shutterstock.com

米焼酎の魅力は、お米本来の旨味と香り

米焼酎は、伝統的な単式蒸溜によって造る乙類焼酎(単式蒸溜焼酎)のひとつ。なかでも、水以外の添加物を一切使わないなどの基準をクリアしたものが「本格焼酎」と呼ばれます。
乙類焼酎は、芋や麦、そばなど、原料本来の香りや風味をたのしめるのが魅力。米焼酎の場合、お米ならではのふくよかな甘味と旨味、そして炊き立てご飯のような香りが身上です。

「甲類焼酎」と「乙類焼酎」、その違いを知ろう!

米焼酎と日本酒、その味わいの違いは?

米焼酎と同様に、お米を原料に造るお酒に日本酒があります。原料は同じでも、蒸溜酒である米焼酎と、醸造酒である日本酒では、その味わいは大きく異なります。
日本酒の場合、お米の外側を削って(これを「精米(せいまい)」といいます)使います。タンパク質や脂質が多く含まれ、雑味のもとになるためですが、米焼酎の場合、蒸溜過程で雑味は取り除かれるので、あまり削らないほうが米本来の旨味や甘味を引き出せます。
このように、お米の扱い方が異なるため、米焼酎では、日本酒造りに適した「酒造好適米」に限らず、食用米なども含めて幅広いお米を原料にしています。

米焼酎のオススメの飲み方とは?

米焼酎のオススメの飲み方とは?

NattapanKansena/Shutterstock.com

米焼酎は温めて飲むのがオススメ

米焼酎は、ロックや水割りなど、さまざまな飲み方でたのしめます。もちろん、好みにもよりますが、米本来の旨味を味わうなら、やはりお湯割りやお燗など、温める飲み方がオススメです。
炊き立てのホカホカしたご飯がおいしいのと同様に、米の香りや旨味は温めることで引き立ちます。日本人にとってなじみ深い、やわらかで、やさしい味わいを堪能してください。

米焼酎は炭酸で割って「乙ハイ」にしても

米焼酎のたのしみ方として、近年、人気が高まっているのが炭酸割りです。
米焼酎に限らず、芋焼酎や麦焼酎、そば焼酎など乙類焼酎を炭酸で割る飲み方は「乙類焼酎のハイボール」、略して「乙ハイ」と呼ばれ、若者も含め幅広い世代から注目されています。
米焼酎の乙ハイは、炭酸の爽快さと飲みやすさが、米の旨味と好相性。女性に人気のスパークリング日本酒のような、スッキリした飲み口がたのしめます。

本格焼酎の炭酸割りで?!新しい飲み方「乙ハイ」を知っていますか?

米焼酎の飲み方は、和風のおつまみと一緒に

米焼酎の飲み方は、和風のおつまみと一緒に

jazz3311/Shutterstock.com

米焼酎はご飯と同様、和食との相性がバツグン!

米焼酎は、和食の要であるお米を原料とするだけに、和風のおつまみと好相性。米焼酎だけでたのしむのもよいですが、食中酒としての魅力も味わってほしいものです。
とくに、刺身など生でたのしむ魚料理の場合、米焼酎が生臭さを消してくれるので、よりおいしくいただけます。
また、明太子や梅干しなど、ご飯のお供ならどれも格好のおつまみに。“理想の健康長寿食”として世界が注目する和食メニューと米焼酎の組み合わせをたのしみましょう。

米焼酎の味わいは、米を主食とする日本人にとってなじみ深く、ほっとするものがあります。今回、紹介した飲み方はもちろんですが、どんな飲み方でもたのしめるので、自分なりのたのしみ方を見つけてください。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識