カクテルでウイスキーをたのしむために! おすすめのウイスキーカクテル

カクテルでウイスキーをたのしむために! おすすめのウイスキーカクテル
出典 : Igor Normann/ Shutterstock.com

カクテルは、ウイスキーの幅広いたのしみ方のなかでも、ひときわ味わい深い飲み方のひとつ。好みや気分に合わせたウイスキーカクテルを、その誕生秘話や逸話に思いをはせながら堪能してみませんか?

  • 更新日:

ウイスキーカクテルおすすめ1:カクテルの女王「マンハッタン」

ウイスキーカクテルおすすめ1:カクテルの女王「マンハッタン」

KPG_Payless/ Shutterstock.com

ウイスキーベースのカクテルのなかでもとくに有名なのが、「マンハッタン」。マリリン・モンロー主演作『お熱いのがお好き』をはじめ、名作映画にもたびたび登場してきたショートカクテルです。

“カクテルの女王”の名で親しまれるこのカクテルの誕生には諸説あります。なかでも広く知られているのは、1876年、ウィンストン・チャーチルの母親が、ニューヨークで催した第19代アメリカ大統領選の候補者支援パーティーでバーテンダーに提案したことから生まれたという説。場所がニューヨークのマンハッタン・クラブだったことから、この名がつけられたといわれています。

ほのかな甘味とまろやかさが特徴のカクテルですが、アルコール度数は25度以上と高め。素材の風味と場の雰囲気をたのしみながら味わいたいものです。

【マンハッタンのつくり方】

ウイスキーと「スイートベルモット」を3対1の割合で入れて軽くかき混ぜ、アンゴスチュラビターズを数滴加えてカクテルグラスに注ぎます。最後にお好みのチェリーで飾れば完成です。

ウイスキーカクテルおすすめ2:女性でも飲みやすい「マミーテイラー」

ウイスキーカクテルおすすめ2:女性でも飲みやすい「マミーテイラー」

3523studio/ Shutterstock.com

「マミーテイラー」は、19世紀末にブロードウェイで活躍していたオペラ歌手、マミー・テイラー(Mamie Taylor)に捧げられたといわれるロングカクテル。スコッチウイスキーをレモンジュース(またはライムジュース)とジンジャーエールで割るため、別名「スコッチ・バック」とも呼ばれています。

レモンの酸味とジンジャーエールの甘味が加わることで、さわやかで口当たりのよい味わいに。ウイスキーに慣れていない女性でもおいしく飲める、飽きのこない1杯です。

【マミーテイラーのつくり方】

氷を入れたグラスに、スコッチウイスキーとその約半分の量のレモンジュース(またはライムジュース)を注ぎます。さらによく冷えたジンジャーエールを入れて、カットレモン(またはライム)を加えます。

ウイスキーカクテルおすすめ2骨太な味わい「ゴッドファーザー」

ウイスキーカクテルおすすめ2骨太な味わい「ゴッドファーザー」

K321/ Shutterstock.com

映画界の巨匠フランシス・フォード・コッポラ監の代表作『ゴッドファーザー』が公開されたのは、1972年。それから間もなくニューヨークで誕生したのが、このカクテルです。映画ではアメリカのイタリア人社会が描かれていますが、このカクテルはイタリアの代表的なリキュールである「アマレット」を使用することで、イタリア系の人々の家族愛を表現しているといわれています。

ウイスキーとアマレットを3対1で割るだけのシンプルなレシピですが、その分アルコール度数も高く、キリッとしたウイスキーの風味とアマレットのもつアーモンドの香りが絶妙に絡み合う濃厚なカクテルに仕上がります。

ベースのウイスキーをウォッカに変えると「ゴッドマザー」というカクテルに、ブランデーに変更すると「フレンチ・コネクション」というカクテルになります。

【ゴッドファーザーのつくり方】

氷を入れたロックグラスにウイスキー3、アマレット1の割合で注ぎ、軽くかき混ぜます。

ウイスキーカクテルには、歴史とともに受け継がれてきたレシピが多数。それぞれがもつ深い世界観に浸りながら、独特な風味をたのしみたいものです。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識