テキーラといえばショット。その正しい作法とは?

テキーラといえばショット。その正しい作法とは?
出典 : sweet marshmallow/Shutterstock.com

テキーラをショットで飲むスタイルは、日本でもテキーラ専門店ができるほどの人気もあって、すっかりおなじみとなっています。そこで今回は、テキーラをショットで飲むときのポイントや、そのたのしみ方、ショット以外の飲み方などを紹介します。

  • 更新日:

目次

  • テキーラをショットで、その正しい飲み方は?
  • テキーラをショットでたのしむためのポイント
  • ショットだけじゃない、テキーラのたのしみ方

テキーラをショットで、その正しい飲み方は?

Marcelo_Krelling/ Shutterstock.com

■テキーラはそもそもどんなお酒

テキーラは、今ではメキシコを代表するお酒として知られていますが、もともとはメキシコ原産の「アガベ」と呼ばれる多肉植物を原料とした蒸溜酒「メスカル」の一種です。

メスカルのなかでも、特定の地域で採れる「アガベ・アスール・テキラーナ(別名ブルーアガベ)」と呼ばれる品種を用いて、その地域で造られるものだけが「テキーラ」と名乗ることを許されます。

テキーラが現在のように広く知られるようになったのは、1968年に開催されたメキシコオリンピック以降のこと。「テキーラ・サンライズ」「マルガリータ」など、テキーラをベースとしたカクテルが人気を集めたことなどもあり、今ではジン、ラム、ウォッカとともに世界4大スピリッツのひとつに数えられています。

【テキーラ編】スピリッツの飲み方を紹介

テキーラをショットで味わう理由

テキーラといえば、ショットグラスで一気に飲み干すスタイルが定着していますが、これは本場メキシコでも伝統的な飲み方なのだとか。

古くはテキーラを飲む際に水牛の角をくり抜いた容器を使っていましたが、容器の底が尖っているため容器が立たないので、中身を一気に飲み干すスタイルが定着したといわれています。

こうした経緯もあり、現在では「カバジート」と呼ばれる縦長のショットグラスに注いだテキーラに塩とライムを添えて一気に飲むのが正当なスタイルとされ、世界中に広まっています。

テキーラをショットでたのしむ手順

テキーラのたのしみ方の一般的な手順について紹介します。テキーラをたのしむための基本として、ぜひ覚えておいてください。

まずは親指と人差し指の間をライムで濡らして塩をのせ、それを舐めてから、テキーラをショットで一気に飲み干します。テキーラが口のなかに残っているうちに、ライムをかじり、最後にまた塩を舐めるというのが一般的な手順とされています。

しかし、これはあくまで一般的というだけで、必ずしも塩を舐める必要もありません。先にライムをかじってもよいですし、ライムのかわりにレモンやオレンジでもOK。自分の好きな飲み方でテキーラをたのしんでください。

テキーラにレモン? 定番の塩+ライムだけではない、テキーラの飲み方を紹介

テキーラをショットでたのしむためのポイント

Alexey Andr Tkachenko/ Shutterstock.com

おすすめ情報

関連情報

リキュールの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事