滋賀県の日本酒の特色

滋賀県の日本酒の特色

滋賀の日本酒は、琵琶湖でとれる淡水魚介料理との相性が抜群。七本槍(しちほんやり)、萩乃露(はぎのつゆ)、三連星(さんれんせい)、不老泉(ふろうせん)、旭日(きょくじつ)など、酒米の旨味を活かした滋賀県の日本酒の特徴、人気の日本酒銘柄を紹介します。

  • 更新日:

滋賀県の日本酒の特色

滋賀は、”湖国”とも呼ばれ、周囲を山々に囲まれ、その山々から流れ出す清流は、日本最大の湖 琵琶湖に注がれます。そんな豊かな水資源と、山間部で作られた酒造好適米から良質な日本酒が造られます。
琵琶湖は、淡水魚が豊富にとれ、滋賀ならではの魚介料理は滋賀の生活で欠かせないものとなっています。滋賀の日本酒は、こうした淡水魚介料理との相性が抜群。酒米の旨味を活かした酒と、淡水魚の淡白な味は、互いの味を引き立て合う絶妙の取り合わせです。

「七本槍」戦国時代のエピソードに由来する“勝利の酒”【滋賀の日本酒】

「萩乃露(はぎのつゆ)」日本の原風景、里山の恵みを活かした酒造り【滋賀の日本酒】

「三連星(さんれんせい)」忍びの里、甲賀の蔵元が生んだ新たな酒【滋賀の日本酒】

「不老泉(ふろうせん)」昔ながらの製法で造る旨口の酒【滋賀の日本酒】

「旭日(きょくじつ)」伝統の蔵元が能登杜氏の技術で醸す酒【滋賀の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識