焼酎容器の大きさで720mlが多い理由は? なぜ五合瓶ではなく四合瓶?

焼酎容器の大きさで720mlが多い理由は? なぜ五合瓶ではなく四合瓶?
出典 : blew_s/ Shutterstock.com

焼酎には多彩な大きさの容器が存在しますが、コンビニやスーパーなど身近なお店でよく見かけるのが720mlの四合瓶です。今回は、720mlの容器が生まれた背景や、720mlサイズを選ぶメリット、おすすめ銘柄などに焦点を当て、四合瓶の魅力を解剖していきます。

  • 更新日:

目次

  • 焼酎の容器の大きさ(種類)を知ろう
  • 焼酎の720ml(四合瓶)が生まれた背景
  • 焼酎の720mlのたのしみ方とおすすめ銘柄

焼酎の容器の大きさ(種類)を知ろう

焼酎の容器の大きさ(種類)を知ろう

Fototocam/ Shutterstock.com

焼酎のボトルのサイズはさまざま

焼酎のボトルには多彩なサイズがありますが、どれを選べばよいのかと迷った経験がある人もいるのではないでしょうか。まずは一般的なボトルの種類と特徴を見ていきましょう。

◇一升瓶(1800ml)
本格焼酎や日本酒のほか、醤油、みりん、お酢などの調味料の容器としても知られる一升瓶が登場したのは明治時代のこと。量り売りに多く見られた水増しによる不正を防ぎ、かつ中身を衛生的に保てることから、広く普及していきました。
返却・回収し、繰り返し使用できる容器を「リターナブル瓶」、または「リユース瓶」といいますが、一升瓶は明治時代から100年以上にわたって使われてきたリターナブル瓶の原点。ライフスタイルや流通の変化、ペットボトルの普及などの理由により出荷数は減少傾向にありますが、焼酎の消費量が多い地域では現在も根強い人気を誇っています。

一升瓶のサイズって?今さら聞けない焼酎や日本酒の計り方


◇大型ペットボトル(2.7L・4L・5L)
おもに甲類焼酎で人気を集めているのが、コストパフォーマンスの高い大型ペットボトル。大きいもので容量5Lのものもあり、保管場所の確保に困るケースもありますが、コストパフォーマンスの高さはピカイチです。

◇五合瓶(900ml)
スーパーやコンビニでよく見かけるのが、一升瓶の半分のサイズの五合瓶。保管しやすく、比較的短期間で飲みきれることから、多くの焼酎ファンに愛されています。

◇四合瓶(720ml)
五合瓶と同じく、ほどよい量がありながら、風味を損なう前に飲みきれることから、多くの銘柄で採用されている四合瓶。収納しやすく、片手で持てるサイズ感も人気の秘密。五合瓶とともに、飲食店で飲み切りやボトルキープ用としても人気ですね。

◇ワンカップタイプ
180~200mlのカップ型容器で売られているのがワンカップ酒。フタを開けてそのまま飲めることから、手軽にたのしめるお酒として幅広い層から支持を集めています。日本酒はガラス容器が主流ですが、焼酎はペットボトルタイプが一般的。
※「ワンカップ」は大関株式会社の登録商標です。
公式サイト 

◇ミニボトル/小瓶
ミニボトルといえば、内容量50mlほどの洋酒のミニチュアボトルをよく見かけますが、焼酎の場合は100ml、180ml、300mlと容量はさまざま。いずれも収納する際に場所を取らず、短期間で飲みきれるというメリットから、飲み比べに、お土産に、旅のお供に重宝されています。

飲み切りサイズの小瓶&ミニボトルで焼酎をもっと身近に

瓶やペットボトル以外の焼酎の容器も人気

焼酎といえば、ガラス瓶の遮光ボトルに詰められている印象があるかもしれませんが、近年は紙パックやパウチパック入りの商品も増えています。

◇紙パック
持ち運びがラクで、瓶よりも若干コストパフォーマンスが高いのが紙パックの利点。ギフトには瓶、晩酌用には紙パックと選び分ける人も多いようです。

焼酎は紙パックと瓶入りでどう違う? それぞれの魅力を徹底比較!


◇パウチパック
紙パックをしのぐコンパクトさと携帯性の高さで注目されているのがパウチパック。ちょっとしたすき間に収納できるうえ、紙パックよりも軽量なので持ち運びもラクラク。飲み終わったあとは丸めてかんたんに捨てられるのも大きな利点といえるでしょう。

焼酎のパウチパックが流行中!! 詰め替えて飲むメリットとは?

なお、瓶でもペットボトルでも紙パックでもパウチパックでも同じ銘柄であれば中身は同じです。また基本的にどの容器でも保管方法は変わりません。焼酎は、直射日光の当たらない涼しい場所に保管しましょう。

焼酎の720ml(四合瓶)が生まれた背景

焼酎の720ml(四合瓶)が生まれた背景

beeboys/ Shutterstock.com

なぜ一升瓶の半分の五合瓶だけでなく四合瓶も流通している?

焼酎や日本酒では900ml容量の五合瓶のほか、720ml容量の四合瓶も広く流通しています。五合瓶は一升瓶(約1.8L)の半量なのでわかりやすいですが、なぜ一升の10分の4に相当する四合瓶も生まれたのでしょうか。そのヒントは、日本酒の文化にありました。

江戸時代以前の日本には「盃(はい)」という液体の量を表す単位が使われていて、一盃はだいたい720ml(四合)だったそう。当時は大きな盃いっぱいに酒を満たし、回し飲みして飲み干すという文化があり、「酒を一盃飲む」といえば「四合飲む」ということを意味していたといわれています。この風習が四合瓶の登場に影響しているのかもしれませんね。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事