宮崎に行って飲んでみたい! おすすめの焼酎【九州編】

宮崎に行って飲んでみたい! おすすめの焼酎【九州編】
出典 : Sara Winter / Shutterstock.com

宮崎県は、焼酎造りが盛んな九州のなかでも、芋、麦、米、そばなど、さまざまな原料を使用した、バラエティに富んだ焼酎をたのしめることが特徴です。九州山脈の豊かな自然が育む天然水で仕込んだ、宮崎焼酎の魅力について紹介しましょう。

  • 更新日:

蔵元のプライドと技術の結晶【高千穂(たかちほ)】

明治35年(1902年)の創業以来、米、麦、そば、トウモロコシ、そば、芋と、幅広い原料で造った焼酎を世に送り出してきた高千穂酒造。その社名を冠した「高千穂」は、蔵を代表する銘柄です。
なかでも「個性ある究極の麦焼酎を造りたい」という想いから生まれたのが「黒麹高千穂」。大麦を100パーセント黒麹で仕込み、常圧蒸溜を行ったことで、これまでにない深いコクとまろやかさを実現しました。

このほかにも、長期熟成によるまろやかさが魅力の「高千穂 零」や、麦焼酎で培った技術を芋焼酎も活かした「芋製高千穂」など、次々に新しい商品を打ち出しています。

宮崎の焼酎【高千穂(たかちほ)】世界が認める麦焼酎

宮崎の焼酎には、各地域の造り手のこだわりや信念がぎゅっと込められています。「ここでしか飲めない」銘柄も豊富なので、宮崎に足を運んだ際にはぜひ試してください。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事