宮崎に行って飲んでみたい! おすすめの焼酎【九州編】

宮崎に行って飲んでみたい! おすすめの焼酎【九州編】
出典 : Sara Winter / Shutterstock.com

宮崎県は、焼酎造りが盛んな九州のなかでも、芋、麦、米、そばなど、さまざまな原料を使用した、バラエティに富んだ焼酎をたのしめることが特徴です。九州山脈の豊かな自然が育む天然水で仕込んだ、宮崎焼酎の魅力について紹介しましょう。

  • 更新日:

大正5年(1916年)創業の霧島酒造は、芋焼酎をメジャーな存在へと導いた有名な蔵元です。その代表銘柄である「霧島」は、昭和初期の誕生以来、80年以上もの長きに渡って愛され続けてきた芋焼酎の代表的なブランドです。
原料芋「コガネセンガン」を霧島山麓の清冽な地下水でていねいに仕込んだ「白霧島」はバランスがよく飽きの来ない味わいが魅力。そのほか、黒麹を使ったトロリとした甘味のある「黒霧島」、生産量の少ない紫芋「ムラサキマサリ」を使ったプレミアムな「赤霧島」など、ラインナップも豊富。エリア限定販売のものもあるため、宮崎を訪れたらぜひ試してみたいものです。

宮崎の焼酎【霧島(きりしま)】九州を代表する万人に愛される酒

麦の香ばしさを感じるライトな飲み口【中々(なかなか)】

黒木本店は、明治18年(1885年)の創業以来、「焼酎一筋」を掲げ、米、芋、麦など、さまざまな原料の魅力を活かした焼酎造りを行ってきた老舗です。原料となる穀物の栽培も自ら行っており、自ら育てた大麦を原料とした麦焼酎が「中々」。黒木本店の名を全国区にした麦焼酎「百年の孤独」の原酒として知られています。
その特徴は、麦がもつ上品な甘味と香ばしさが。口に含んだときに広がるキャラメルのような風味と、やさしい自然の甘さが感じられます。ライトに仕上げてあるので、初心者にもぴったりの麦焼酎です。

宮崎の焼酎【中々(なかなか)】土地に根ざした伝統文化を継承する酒

昔ながらの「甕(かめ)」でていねいに仕込む【㐂六(きろく)】

黒木本店が自家農園で育てた原料芋「コガネセンガン」と手造りの黒麹を使用した本格芋焼酎が「㐂六(きろく)」。掘った芋は、その日のうちに仕込むというこだわりようです。昔ながらの「甕」で仕込んだ酒母と、自社培養した独自の酵母を使い、ていねいに仕上げていきます。木桶蒸溜後は原酒を熟成貯蔵し、まろやかさと豊かな風味を生み出します。
味わいは骨太で、サラリとしたなかにやさしい芋の甘味も感じられます。厚みのある上品な香りと、キレのある飲み口をたのしんでください。

宮崎の焼酎【㐂六(きろく)】穀物をしっかりと感じさせる芋焼酎

長期熟成による深いコクと確かな風味【百年の孤独(ひゃくねんのこどく)】

黒木本店の「百年の孤独」は「麦焼酎ブーム」の火つけ役といっても過言ではない有名な銘柄です。伝統的製法によって造られた麦焼酎「中々」を原酒に、ウイスキーのように樫樽でゆっくりと熟成貯蔵することで造り上げられた希少品で、入手困難なことから「プレミアム焼酎」とも呼ばれています。
まるでウイスキーのように輝く琥珀色が美しく、ほんのりと香るオークもたのしめます。凝縮された深くまろやかなコクと、幾重にも感じられる豊かな風味が絶秒な逸品です。

宮崎の焼酎【百年の孤独(ひゃくねんのこどく)】幾重にも重なる風味と香り

1本ずつ手作業で伝統を紡ぐ芋焼酎【川越(かわごえ)】

江戸時代末期に創業した川越酒造は、現在19代目当主が杜氏を務める宮崎でも伝統的な焼酎蔵。明治末期に建てられた仕込み蔵、備前焼の仕込み用甕(かめ)、そして機械に頼らず知識と経験を活かした職人技の伝統製法で、昔ながらの焼酎造りを続けています。
看板製品である「川越」は、朝掘りのコガネセンガンを使用した芋焼酎。米焼酎をわずかにブレンドしてあることが大きな特徴で、まろやかな飲み口から女性にも人気。2002年にはANA国際線ファーストクラスの焼酎にも選ばれたとか。生産数が少なく、売り切れも続出している希少な銘柄です。

宮崎の焼酎【川越(かわごえ)】蔵再建の鍵になった幻の焼酎

宮崎のそのほかの注目銘柄

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事