福井に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【北陸編】

福井に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【北陸編】
出典 : Julian52000 / Shutterstock.com

福井県はミネラル豊富な白山水系の水や、酒造好適米「五百万石」の生産量全国2位を誇る米作りなど、酒造りに恵まれた地域。県内の酒蔵は約40を数え、越前ガニをはじめ若狭湾の海の幸を引き立てる淡麗なお酒を中心に、伝統を守りながら進化しています。

  • 更新日:

福井の豊かな自然とおいしい水が育む酒

福井の豊かな自然とおいしい水が育む酒

mTaira /shutterstock.com

福井県は、研究機関や大学などの調査で「住民の幸福度が日本一」というデータもあるほど暮らしやすい県。日本海の絶景、東尋坊や越前海岸をはじめ、その豊かな自然環境も魅力です。

福井県は酒どころとしても有名で、県内には約40の酒蔵が存在しています。一般的に「福井の酒は淡麗」と評されますが、内陸部の奥越と若狭湾寄りの南部では、合わせる食材、気候も違うため、その方向性を一括りにはできません。しかし、共通しているのは、淡麗傾向の酒でも深い味わいがあり、濃醇傾向の酒でもさわやかなキレがあるなど、そのバランスのよさです。

世界的に有名なアメリカのワイン評論家・ロバート・パーカーJr.氏が主筆を務める専門誌「ワイン・アドヴォケート」のWebサイトでは、日本全国から集めた約800点の純米吟醸酒、純米大吟醸酒のうち、福井県の5つの銘柄が100点満点中90点以上という評価を獲得しています。

地元・福井産へのこだわり! オリジナル酵母も開発

地元・福井産へのこだわり! オリジナル酵母も開発

KPG_Payless/shutterstock.com

ミネラル豊富な白山水系の上質な水。全国2位の生産量を誇る酒造好適米「五百万石」をはじめとした上質の米。こうした好条件に恵まれ、酒どころとして発展してきた福井県。酒造りに必要なもうひとつの要素「酵母」も純福井産のものにして「すべてが福井産」と胸を張れる銘酒を生み出すことは、福井県の日本酒業界の悲願でもありました。

その悲願を叶えるべく、1994年4月には福井県酒造組合と仁愛女子短期大学(現・仁愛大学)、福井県食品加工研究所の3者がスクラムを組み、福井県独自の酵母開発に着手。その酵母と県産酒米を使用した純福井県産の日本酒造りが始まりました。

福井県初のオリジナル酵母「ふくいうらら」が完成したのは1998年春のこと。以来、各蔵伝統の酒造りと並行して、福井オリジナル酵母を使用した“ザ・福井の地酒”というべき酒も、着実に増えています。

福井の人気銘柄

福井の人気銘柄

ol_dmi/ Shutterstock.com

福井の日本酒は、地元のみならず、全国的にも、さらには世界的にも高い評価を獲得しています。おいしい水と米を、高度な酒造技術で醸した人気銘柄を紹介します。

国内外にファンをもつ福井の代表酒【黒龍(こくりゅう)】

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識