福井県の日本酒の特色

福井県の日本酒の特色

福井の日本酒は、ミネラル分の豊富な白山水系の上質な水で造られています。梵(ぼん・BORN)、白龍(はくりゅう)、常山(じょうざん)、花垣(はながき)など、味のバランスのよさが特徴の福井県の日本酒、人気の銘柄を紹介します。

  • 更新日:

福井県の日本酒の特色

福井は、ミネラル分の豊富な白山水系の上質な水。酒造好適米「五百万石」の生産量全国2位を誇る米。福井県初のオリジナル酵母「ふくいうらら」。すべてが福井産の日本酒にもこだわった酒造りが行われています。
そんな福井の日本酒は、いっぱんてきには、淡麗と評されますが、内陸部の奥越と若狭湾寄りの南部では、気候も違うため、その方向性を一括りにはできません。しかし、”淡麗傾向の酒でも深い味わい”、”濃醇傾向の酒でもさわやかなキレ”といったバランスのよさが特徴としてあげられます。

「梵(ぼん・BORN)」は世界で評価される酒【福井の日本酒】

「白龍(はくりゅう)」女性杜氏が率いる米と水の力が活きた酒【福井の日本酒】

「常山(じょうざん)」とびきり辛くてうまい酒【福井の日本酒】

「花垣(はながき)」造り手の顔が見える酒【福井の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識