福井の日本酒【花垣(はながき)】造り手の顔が見える酒

福井の日本酒【花垣(はながき)】造り手の顔が見える酒
出典 : 南部酒造場サイト

「花垣」はその名のとおり、飲む人の心を華やかにしてくれるような日本酒です。原料米も麹も、すべて自身の手造りという蔵元のこだわりから生まれる味わいは、まさに絶品。小さな蔵ながら高い酒質を誇る、「花垣」の魅力を見ていきましょう。

  • 更新日:

「花垣」は量産せず、少量ずつていねいに醸す酒

「花垣」は量産せず、少量ずつていねいに醸す酒

出典:南部酒造場サイト

「花垣」を醸すのは、「越前の小京都」と呼ばれる福井県大野市に蔵を構える南部酒造場。その歴史は古く、享保18年(1733年)に初代の七右衛門が、大野藩の御用商人として「茶の木屋」という金物店を開業したのが始まりです。

日本酒造りを開始したのは明治34年(1901年)のこと。その品質が高く評価され、藤の垣根に囲まれた宴席で「えもいわれぬ、珠玉のしずく」と評されたと当時の文献に残っています。「花垣」という銘柄は、その宴会で謡われた謡曲『花筐』の一節に由来して名づけられました。

そんな縁起のよい名をもつ「花垣」の特徴は、少量生産に徹していること。南部酒造場の酒造りの理念は「手造りに徹して目の届く量をていねいに醸し、より高品位の酒を世に送り出す」。米と水にこだわり、醸造アルコールは用いず、手造りに徹して量産はしない。そんな造り手の顔が見えるような酒造りこそ、南部酒造場の理想にほかなりません。

「花垣」が復活させた幻の米「亀の尾」

「花垣」が復活させた幻の米「亀の尾」

出典:南部酒造場サイト

「花垣」の蔵元がある越前は、「御清水」が名水百選にも選ばれた名水の里。また酒造好適米「五百万石」の有数の産地でもあります。

南部酒造場では、この日本酒造りに適した地で育った原料にこだわっています。1990年から地元の篤農家の力を借りて「五百万石」の自社栽培に着手。自然農法による健康的でおいしい米作りを始め、2003年には「有機農産物加工酒類」の認証を取得しました。

さらには、“幻の酒米”と呼ばれていた古代品種「亀の尾」の栽培を復活させることにも成功。「花垣」の個性的な味わいは、亀の尾を原料に使用することで実現したものです。酸味と旨味が絡み合う複雑な味わいを、ぜひたのしんでみてください。

「花垣」は若い人にも飲んでほしい酒

「花垣」は若い人にも飲んでほしい酒

出典:南部酒造場サイト

「花垣」は基本に忠実に、そしてていねいに造られている日本酒。その受賞歴も華々しく、直近では「ロンドン酒チャレンジ2018」で「花垣 純米吟醸」が純米吟醸部門で金メダルを、「花垣 純米」が純米酒部門で銀メダルを獲得しました。

この「ロンドン酒チャレンジ」は「日本国内外での日本酒の普及を促進すること」「日本の若年層に日本酒の魅力を訴えること」を目的に、2012年から開催されている品評会です。ここで評価されたということは、「花垣」を日本の若者に自信をもっておすすめできる証明といえるでしょう。

南部酒造場は、伝統を重んじる蔵元であると同時に、新たな挑戦にも意欲的です。ウイスキーのようにオーク樽で熟成させた日本酒など、その斬新な取り組みは、“日本酒離れ”といわれる若者層にも、大きなインパクトを与えることでしょう。

花垣の蔵元に並ぶ建物は、「南部酒造場旧酒造前蔵」として文化財に登録されています。毎年春に「花垣 酒造まつり」で蔵を開放しているので、機会があれば、その歴史や伝統を肌で感じてみてください。

製造元:株式会社南部酒造場
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識