アルコール度数40度前後! ウイスキーのアルコール度数はなぜ高い?

アルコール度数40度前後! ウイスキーのアルコール度数はなぜ高い?
出典 : donfiore/Shutterstock.com

うっかり飲みすぎると酔いつぶれてしまうほど、アルコール度数が高いウイスキー。その秘密は、ウイスキーの造り方に秘密があることを知っていましたか? ここではウイスキーのアルコール度数が高くなる理由と、他のお酒との度数の違いなどを紹介します。

  • 更新日:

他のお酒に比べてウイスキーはアルコール度数が高い!

Igor Normann/ Shutterstock.com

グラスからゆっくりと少量ずつ飲むのが、ストレート・ウイスキーをたのしむ一般的なスタイル。なぜ少しずつ飲むかというと、他のお酒とくらべると、ウイスキーはアルコール度数がかなり高いお酒だからです。

一般的に売られているウイスキーのアルコール度数は、だいたい40~43度くらい。ビールのアルコール度数が4~5度程度、ワインのアルコール度数が12~14度前後ということを考えても、かなり強めのお酒といえるでしょう。そのままぐいぐい飲むとかなり酔ってしまうウイスキーですが、最近ではウイスキーを炭酸で割って気軽にたのしむハイボールなども流行っており、気軽に楽しむ人が増えてきました。

醸造酒と蒸留酒の違い

arkus Mainka/ Shutterstock.com

それでは、ウイスキーはなぜそんなにアルコール度数が高いのでしょうか? じつはお酒には、大きく分けて醸造酒と蒸留酒の2種類があります。ワインやシードル、ビール、日本酒、紹興酒などのお酒は醸造酒で、ブドウやお米といった原材料が含む糖をアルコール発酵させることでできあがるお酒です。

一方、これらの醸造酒をさらに蒸留してアルコール度数を高めたものが、ウイスキーなどの蒸留酒。醸造酒でもっともアルコール度数が高い日本酒の原酒でも最高で20度くらいですが、ウイスキーは40度ほどになることも。お酒は蒸留することで、意図的にアルコール度数を上げることができるため、このような強いお酒を造ることができるのです。

ウイスキーの蒸留方法を知る

Lukassek/ Shutterstock.com

ウイスキーの蒸留とは、ひとことでいうと、アルコールを高めるための作業です。発酵を終えてできたウォッシュ(もろみ)は、アルコール濃度が7%程度しかありませんが、蒸留を行うことにより、65~70%にまでいっきに濃縮されるのです。

これは水の沸点が100度、対してアルコールの沸点が約80度という沸点の違いを利用した仕組みで、まずアルコールを先に気化させ、これを冷却、液体化します。この工程により、アルコールや香気成分といった揮発成分だけを抽出することができるのです。

ウイスキーには「モルトウイスキー」と「グレーンウイスキー」がありますが、これらはそれぞれ蒸留方式が異なります。

「モルトウイスキー」は、単式蒸留器という蒸留器によって蒸留されるのが特徴。単式蒸留器は、形や大きさでウイスキーの個性を出すことができるため、個性が強いウイスキーに仕上がります。

一方「グレーンウイスキー」は、連続式蒸留機で蒸留されます。連続蒸溜器を使った蒸留は、アルコール度数を95%近くまで上げることができることと、短期間に大量の蒸留ができることが特徴。短時間で一気にアルコール度数を上げることができるため、原料の風味が残りにくく、クリアな味わいのウイスキーができあがります。

ウイスキーのアルコール度数が高い理由、参考になりましたでしょうか? ウイスキーは酒類によってアルコール度数に幅がありますので、次に飲むときは、ちょっと気にしてみてくださいね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識