「カスクストレングス」という用語には2つの意味が ある【ウイスキー用語集】

「カスクストレングス」という用語には2つの意味が ある【ウイスキー用語集】
出典 : Shaiith/Shutterstock.com

「カスクストレングス」を知っている、飲んだことがある、と即答できる人は、ウイスキー好きのなかでもかなりのマニアと言えるでしょう。「シングルモルト」や「シングルカスク」よりも、さらにレアなウイスキーのたのしみ方、「カスクストレングス」について解説します。

  • 更新日:

「カスクストレングス」の言葉の定義

「カスクストレングス」の言葉の定義

Suslik1983/Shutterstock.com

「カスクストレングス」とは樽そのままのアルコール度数

「カスクストレングス」とは何か、まずは言葉の定義から確認していきましょう。
「カスク」とはウイスキーを熟成させる木製の樽のこと。「ストレングス」とは「強さ」を意味しますが、ウイスキー用語ではアルコールの強さ、すなわちアルコール度数のことです。
ここからわかるように、「カスクストレングス」とは「樽のままのアルコール度数」のこと。樽のなかで熟成のピークを迎えたウイスキーを、そのまま瓶詰めする際のアルコール度数を意味しています。

カスクストレングスは樽ごとにそれぞれ異なる

よく「ウイスキーは生き物」と言われるように、ウイスキーの品質や味わいは、樽内で熟成されるうちに変化していきます。
同じ蒸溜所で、同じ時期に造られたウイスキーであっても、1樽ごとでそれぞれ異なってくるもの。造り手が選び抜いた、単一の樽からのみ瓶詰めした「シングルカスク」が珍重されるのはそのためです。
アルコール度数も同様で、同一の蒸溜所で、同時期に造られたウイスキーでも、カスクストレングスは樽ごとにそれぞれ異なります。

シングルカスクが“至高”とされる理由を知っていますか?

「カストストレングス」のウイスキーとは?

「カストストレングス」なウイスキーとは?

Shaiith/Shutterstock.com

「カスクストレングス」のもうひとつの意味

「カスクストレングス」について調べてみると、先ほどの定義とは異なる説明がされている場合もあることに気づくでしょう。
「カスクストレングス」は、「樽から出されたままのアルコール度数で、加水されずに出荷されるウイスキー」というように、ウイスキーの分類上の用語としても用いられます。
もともとの「カスクストレングス」の意味が転じたものと考えられますが、どちらを意味しているのかややこしいため、「カストストレングス」と「カスクストレングス・(の)ウイスキー」と使い分けている場合もあります。こちらのほうが理解しやすいですね。

カストストレングスのウイスキーが珍重される理由

カスクストレングスのウイスキーは、“至高”とされるシングルカスク以上にマニア向けのウイスキーと言えます。
一般に、ウイスキーは瓶詰めされる前に、複数樽の原酒からブレンドしたり、加水してアルコール度数を下げたりと、飲みやすくなるよう調整されます。カスクストレングスの場合は、こうした調整がなく、原酒そのままの味わいとアルコール度数で供給されます。まさに、“何も足さない、何も引かない”ウイスキーのたのしみ方が、カスクストレングスなのです。

「カスクストレングス=シングルカスク」ではない?

カスクストレングス(のウイスキー)の説明として、「シングルカスクを加水せずに瓶詰めしたウイスキー」というのもありますが、一方で、「カスクストレングスも複数樽の原酒を混ぜる場合がある」との説明もあります。どちらが正しいのでしょう?
先述したように、ウイスキーのアルコール度数は樽ごとに異なります。複数樽から混ぜるということは、異なる度数の原酒を混ぜることになり、「樽のままのアルコール度数」という定義からすれば、後者の説明には違和感があります。
ただし、カスクストレングスはシングルカスクやシングルモルトと同様、法律で明確に定義されているわけではありません。「樽のままの原酒に加水していない」との理由で「カスクストレングス」を名乗っても、決して間違いとは言えません。細かな定義にとらわれるより、レアなウイスキーならではの個性をたのしんだほうがよいかもしれません。

「カストストレングス」のウイスキーのたのしみ方

「カストストレングス」なウイスキーのたのしみ方

jazz3311 /Shutterstock.com

カスクストレングスのアルコール度数は60度近くに

カスクストレングス(のウイスキー)は、樽内で熟成された原酒に加水などの調整を加えてないため、一般的なウイスキーよりもアルコール度数が高くなります。
市販のウイスキーでは、40~43度ほどに調整されるのが一般的ですが、カスクストレングスの場合、もちろん樽ごとによりますが、60度近くになる場合もあるので、じっくりと味わいましょう。

カスクストレングスは水との変化をたのしもう

カスクストレングスの魅力は、樽のままの原酒そのものの味わいにあるので、「やはり、何も加えずにストレートでたのしみたい」と考える人が多いはず。度数の強いウイスキーに慣れている人なら、アルコールのダイレクトな刺激をたのしめるでしょう。
「さすがにそれは・・・」という人には、少量の水や氷で割ることをオススメします。少しずつ水を加える度に味見をして、香りや味の微妙な変化をたのしんでください。

カスクストレングスは、マニア向けのウイスキーと言えますが、普段、たのしんでいるウイスキーが、どのように調整されて瓶詰めされているか、その過程を実感できるたのしみもあります。手にする機会があれば、無調整ならではの力強い味わいと、それが調整されて飲みやすくなる様を実感してください。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識