「シングルカスク」が“至高”とされる理由を知っていますか? 【ウイスキー用語集】

「シングルカスク」が“至高”とされる理由を知っていますか? 【ウイスキー用語集】
出典 : Jag_cz/shutterstock.com

「シングルカスク」あるいは「シングルバレル」と呼ばれるウイスキーを知っていますか? いずれも貴重な限定品として販売されるウイスキーで、愛好家にとっては垂涎の的。今回は「シングルカスク」の定義や、その特徴、代表的な銘柄などを紹介します。

  • 更新日:

シングルカスクの定義

シングルカスクの定義

El Nariz/shutterstock.com

「シングルカスク」とは「単一の樽」から生まれるウイスキー

「シングルカスク」とは、「シングル(単一)」の「カスク(樽)」という言葉どおり、単一の樽で熟成されたウイスキー原酒のみをボトリングした商品のこと。
単一の蒸溜所で造られたモルトウイスキーのみをボトリングしたものが「シングルモルト」と呼ばれ、蒸溜所の個性が際立ったウイスキーとして人気ですが、それでも複数の樽から混ぜ合わせて味や品質を調整しています。
「シングルカスク」は、そうした調整を一切せず、造り手が選りすぐった“最高の一樽”の個性をダイレクトにたのしめるウイスキーとして、マニアの注目を集めています。

「シングルモルト」はなぜ人気があるの? 【ウイスキー用語集】

シングルカスクはプレミアムな限定品

シングルカスクを店頭で見かけることは、滅多にありません。と言うのも、ひと樽から採れるウイスキーは、ボトル1本750ミリリットルとして、せいぜい数百本しかありません。
通常の商品と同じように流通させられる数ではないため、その蒸溜所のプレミアムボトルとして限定販売されるのが一般的。入手困難なうえに、値段もそれなりに高額ですが、ウイスキー愛好者にとっては、まさに垂涎の存在です。

シングルカスクとシングルバレル、カスクストレングス

シングルカスクとシングルバレル、カスクストレングス

P A/shutterstock.com

シングルカスクとシングルバレルは、基本的に同じもの

「シングルカスク」とよく似たウイスキー用語に「シングルバレル」があります。
「カスク(cask)」と「バレル(barrel)」は、辞書を引くとどちらも「樽」という日本語訳が出てくるように、基本的には同じもの。両者とも単一の樽のウイスキーを意味しています。
どちらを使っても間違いではないのですが、「シングルカスク」はスコッチ、「シングルバレル」はアメリカンウイスキーの主力であるバーボンの用語として使われることが多いようです。

シングルカスクと混同しやすいカスクストレングスとは?

「シングルカスク」と混同されがちな言葉に「カスクストレングス」があります。
ウイスキー用語でカスクストレングスと言えば、もともとは樽のなかで熟成のピークを迎え、瓶詰めされる際のアルコール度数を意味しています。そこから転じて、樽から出されたままのアルコール度数で、加水されずに出荷されるウイスキーのことも「カスクストレングス」と呼びます。
シングルカスクには加水する場合もあり、カスクストレングスも複数樽の原酒を混ぜることがあります。決して「シングルカスク=カスクストレングス」ではありませんが、加工していない原酒のままの味わいをたのしむ“マニア向け商品”という意味では共通していると言えるかも知れません。

シングルカスクのオススメ銘柄

シングルカスクのオススメ銘柄

Maksym Fesenko/shutterstock.com

シングルカスクは“売切御免”の入手困難なものばかり

シングルカスクやシングルバレルは、基本的に数量限定品のため、入手できるとは限りません。たとえばニッカウヰスキーでも「シングルモルト余市」のシングルカスクを発売していましたが、現在ではすべて完売しています。
ここでは、比較的、現在も入手しやすい銘柄を紹介します。

※2019年9月時点の情報です。

【ザ・グレンリベット シングルカスク2019】

甘く芳醇な飲み口から「シングルモルトのお手本」とも称される「ザ・グレンリベット」は、近年、定番商品に加えてシングルカスクの販売にも力を入れています。2019年も、21年ものの長期熟成樽から瓶詰めした「ザ・グレンリベット シングルカスク2019」が日本国内470本限定で発売されました。

『ザ・グレンリベット』がシングルモルトのスタンダードと呼ばれる理由

【ブラントン】

バーボンウイスキーの代表銘柄である「ブラントン」は、なんとすべてがシングルバレル。樽ごとの熟成度合に応じて、マスター・ディスティラー(最高蒸溜責任者)が「ブラントン」として世に出せるかどうかを厳しく選定。このチェックにパスした樽の原酒のみを、混ぜ合わせることなくボトリングしています。

独特なバーボンウイスキー「ブラントン」その魅力を知る

【マルスモルト ル・パピヨン】

焼酎やウイスキー、梅酒、ワインなどを生産する鹿児島の総合酒類メーカー・本坊酒造が造る「マルスウイスキー」は1980年代の第一次地ウイスキーブームを牽引した人気銘柄です。
同社が1985年に建設した信州蒸溜所では、シングルカスク「マルスモルト ル・パピヨン」シリーズを展開。ウイスキーの熟成に欠かせない自然環境を象徴する蝶をモチーフとしたシリーズで、2019年には最新作「マルスモルト ル・パピヨン ギフチョウ」が576本限定で発売されました。

『マルスウイスキー』は80年代の地ウイスキーブームの火つけ役

シングルカスクやシングルバレルは、ウイスキーマニアの「その本質に迫りたい」という情熱に応えて造られた、まさに至高の一本。手に取る機会があれば、その幸運を理解したうえでたのしむことをオススメします。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識