「ブラントン」はなぜ“唯一無二のバーボン”と呼ばれるのか

「ブラントン」はなぜ“唯一無二のバーボン”と呼ばれるのか
出典 : 宝酒造サイト

「ブラントン」は“唯一無二のバーボン”と称される、バーボンウイスキーの代表銘柄。約8年かけて熟成された原酒を、それぞれの樽ごとに瓶詰めする「シングルバレルバーボン」であり、ケンタッキーダービーの騎手と馬を冠した印象的なキャップでも知られています。

  • 更新日:

「ブラントン」はケンタッキーダービーの騎手と馬を飾ったバーボンウイスキー

「ブラントン」はケンタッキーダービーの騎手と馬を飾ったバーボンウイスキー

Thomas Kelley/ Shutterstock.com

「ブラントン」は1984年、“バーボンウイスキーの聖地”とされるケンタッキーの州都・フランクフォートの市制200年を記念して誕生しました。
「ブラントン」という銘柄名は、バーボン造りの名人として知られたアルバート・ブラントン大佐にちなんでつけられたもの。ブラントンの造り手である現在のバッファロー・トレース蒸溜所のエルマー・T・リー氏は、ブラントン大佐の愛弟子であり、その“匠の技”を受け継いだ人物でもあるのです。

こうした歴史をもつ「ブラントン」は、バーボン好きなら知らぬ人のない銘柄です。バーボン好きでなくとも、その特徴的なボトルには見覚えがあるという人も多いのではないでしょうか。
八面体のボトルは瓶内のバーボンに美しい陰影を与え、ラベルに記された日付や登録番号はひとつとして同じものがない手書き。そしてキャップにはケンタッキーダービーのサラブレッドをかたどったフィギュアが。じつはこのフィギュアは8種類あり、それぞれ騎手や馬の動きが異なっています。
こうした特徴あるボトルを見るだけで、「ブラントン」という銘柄が、いかに造り手から大切にされているかが伝わってきます。

「ブラントン」のこだわりのシングルバレル

「ブラントン」のこだわりのシングルバレル

Razoomanet / Shutterstock.com

通常、バーボンは味を均一化にするため、いろいろな樽原酒をブレンドして造られます。しかし「ブラントン」はボトル詰めの際に、複数の樽の原酒をブレンドすることなく、1樽ごとにボトル詰めしていく「シングルバレルバーボン」です。

樽ごとの熟成度合に応じて、マスター・ディスティラーが「ブラントン」として世に出せるかどうかを厳しく選定。このチェックにパスした原酒を、ただひとつの樽からのみボトリングしています。
たとえ同じ「ブラントン」となる原酒の樽であっても、決して混ぜ合わせることはない。それが「ブラントン」のこだわりです。

「ブラントン」はケンタッキーの自然に育まれたバーボン

「ブラントン」はケンタッキーの自然に育まれたバーボン

LightField Studios/ Shutterstock.com

「ブラントン」に代表されるバーボンウイスキーを名乗るには、「原料の半分以上をトウモロコシが占めること」「オーク新樽で2年以上熟成させていること」などの条件がありますが、産地についての条件は「米国産であること」だけ。ケンタッキー産である必要はありません。
にもかかわらず、バーボンウイスキーの約9割がケンタッキー産となっているのは、バーボンの味わいにはケンタッキーの豊かな自然と、そこで培われたバーボン造りの伝統が欠かせないからではないでしょうか。

「ブラントン」もまた、ケンタッキーの大自然の恵みによって育まれたバーボンです。
その仕込み水は、アパラチア山脈に降った雨が、ライムストーンの層をくぐり抜け、良質の天然水となって湧き出したもの。この天然水がウイスキー造りに最適な温度となる秋から冬にかけてのみ、ブラントンは仕込まれます。
そして蒸留後は、樽の中で、ケンタッキーの大地に抱かれて熟成することで、“プレミアムバーボン”と呼ばれるブラントンの品質が磨かれていくのです。

「ブラントン」の4種のラインナップ

「ブラントン」の4種のラインナップ

出典:宝酒造サイト

「ブラントン」はボトル詰めの際に、複数の樽の原酒をブレンドすることなく、1樽ごとにボトル詰めしていく「シングルバレルバーボン」です。
1つの樽から約250本が出荷される「ブラントン」。その代表的なラインナップを紹介しましょう。

【ブラントン】

長い熟成期間を経て選び抜かれた原酒をマイナス1度まで冷却してから特殊フィルターでろ過。原酒の個性はそのままに、雑味だけが取り除かれているので、豊かな芳香と洗練されたうま味がたのしめます。
2018年SWSC銀賞、IWSC銀賞

【ブラントン ブラック】

その名のとおり、黒いラベルが目印。ブラントンと同じ製法で、よりマイルドに仕上げたもの。なめらかな口当たりのなかに、上質のバーボンだけがもつ豊かな味わいが感じられます。ロックや水割り、ソーダ割などさまざまな飲み方でも満足いただけるカジュアルタイプのブラントンです。

【ブラントン ゴールド】

ブラントンの原酒のなかから、質の高いものだけを選んで瓶詰め。ラベルの流麗な金文字が示すように、品がよく華やかな香りと奥ゆきのある味わいのブラントンです。
2018年SWSC特別金賞、IWSC金賞

【ブラントン・ストレート・フロム・ザ・バレル】

厳選した樽原酒をろ過せずに瓶詰めした、品格を感じさせる最高級クラス。一度は味わってみたいブラントンです。
2018年SWSC金賞、IWSC銀賞(アウトスタンディング)
※販売ルート限定品

ブラントンは、ケンタッキーの風土とバーボン職人の技が見事に結集して生まれた銘酒。ひとつとして同じものがないラベルに込められた誇りとともに味わいたいウイスキーです。

輸入販売元:宝酒造株式会社
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識