奈良県の日本酒の特色

奈良県の日本酒の特色

奈良の日本酒は、酸味や糖分が活かされた濃醇甘口の酒が特徴。風の森(かぜのもり)、梅乃宿(うめのやど)、篠峯(しのみね)、やたがらす、超辛口で有名な春鹿(はるしか)など、酒造りの歴史が長い奈良県の日本酒の特徴、人気の日本酒銘柄を紹介します。

  • 更新日:

奈良県の日本酒の特色

日本を代表する古都である奈良は、古代から神事と深い関わりのある酒造りが行われており、「奈良流は酒造り諸流の根源なり」とも言われています。高原の豊かな伏流水と寒冷な気候が古くからの日本酒造りを支えていました。
そんな奈良の日本酒は、酸味や糖分が活かされた濃醇甘口の酒が特徴。奈良の伝統食品である「奈良漬」とも相性が良く、食中酒としても美味しく味わえます。

「風の森(かぜのもり)」生酒ブームを牽引する革新的な酒【奈良の日本酒】

「春鹿(はるしか)」奈良の象徴を酒名に冠した“奈良の地酒”【奈良の日本酒】

「梅乃宿(うめのやど)」女性当主が世界に広げる酒【奈良の日本酒】

「篠峯(しのみね)」純米酒にこだわる小規模蔵が造る珠玉の酒【奈良の日本酒】

「やたがらす」神の使いを名に冠した吉野の地酒【奈良の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識