埼玉県の日本酒の特色

埼玉県の日本酒の特色

埼玉の日本酒は、口当たりがやさしいという共通した特徴があります。神亀(しんかめ)、五十嵐(いがらし)、天覧山(てんらんざん)、鏡山(かがみやま)など、日本酒生産量が全国第5位と日本酒造りが盛んな埼玉県の日本酒の特徴、人気の日本酒銘柄を紹介します。

  • 更新日:

埼玉県の日本酒の特色

意外にも思われるかもしれませんが、埼玉の日本酒生産量は国内でもトップレベルで、全国第5位を誇ります。埼玉では、荒川・利根川といった国内屈指の大河の良水、2004年に新たに開発された酒造好適米「さけ武蔵」によって、良質な酒造りが行われています。
そんな埼玉で造られる日本酒は、口当たりがやさしいという共通した特徴がありますが、異なる2つの水系によって味わいに微妙な差が生じます。

「神亀(しんかめ)」全量純米蔵が造る、究極の食中酒【埼玉の日本酒】

「五十嵐(いがらし)」飯能の地で生まれたフレッシュな直汲みの酒【埼玉の日本酒】

「天覧山(てんらんざん)」飯能の大自然から育まれる味と心【埼玉の日本酒】

「鏡山(かがみやま)」小江戸川越に復活した幻の銘酒【埼玉の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識