岩手県の日本酒の特色

岩手県の日本酒の特色

岩手の日本酒は、浜千鳥(はまちどり)、赤武(あかぶ)、あさ開(あさびらき)、月の輪(つきのわ)、七福神、酉与右衛門(よえもん)など、日本酒好き垂涎の酒の宝庫です。日本三大杜氏の筆頭とされる杜氏集団、南部杜氏の里を有する岩手県の人気の日本酒を紹介します。

  • 更新日:

岩手県の日本酒の特色

岩手は、日本三大杜氏の筆頭「南部杜氏」の里です。
寒冷な気候に合わせた工夫と研鑽を重ねた技術びよって造られる岩手の日本酒は、雑味がなく、きれいな味わいと評されます。

「浜千鳥(はまちどり)」自然と一体になった酒造り【岩手の日本酒(地酒)】

「赤武(あかぶ)」震災からの“復興の酒”として注目の酒【岩手の日本酒(地酒)】

「あさ開」「現代の名工」の技術と情熱で進化を続ける、南部杜氏の里【岩手の日本酒(地酒)】

「七福神」人の和から生まれた酒【岩手の日本酒(地酒)】

「月の輪(つきのわ)」伝統を受け継ぎながら進化する酒【岩手の日本酒(地酒)】

「酉与右衛門(よえもん)」個性が光る少量生産の酒【岩手の日本酒(地酒)】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識