茨城県の日本酒の特色

茨城県の日本酒の特色

茨城の日本酒は、それぞれ異なる味わいや風味をもつ5つの水系が各酒造ごとの個性にもつながっています。来福(らいふく)、結ゆい(むすびゆい)、武勇(ぶゆう)、一品(いっぴん)、大観(たいかん)など、関東最多といわれる約40もの蔵元がある茨城県の日本酒のなかから、人気の日本酒銘柄を紹介します。

  • 更新日:

茨城県の日本酒の特色

茨城では、それぞれ異なる味わいや風味をもつ5つの水系から日本酒が造られており、この水系の多様さが、各酒造ごとの個性にもつながっています。また、その水系の豊富さは、良い米作りにもつながり、全国新酒鑑評会でも評価の高い日本酒が造られています。
そんな茨城の日本酒は、「ピュア茨城」という県産の酒造好適米である「ひたち錦」、県産の「ひたち酵母」、県内の水系をつかった”純茨城県産”が特徴で、キレのあるスッキリとした味わいで親しまれています。

「来福(らいふく)」花酵母を使った新感覚の味と香り【茨城の日本酒】

「結ゆい(むすびゆい)」造り手の気持ちが伝わるやさしい酒【茨城の日本酒】

「武勇(ぶゆう)」日本酒本来の旨味を追求した素朴な味【茨城の日本酒】

「一品(いっぴん)」歴史ある蔵元が醸す”旨辛口”の酒【茨城の日本酒】

「大観(たいかん)」横山大観が愛飲した飲み心地よい酒【茨城の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識