栃木県の日本酒の特色

栃木県の日本酒の特色

栃木の日本酒は、米本来の甘味や旨味を感じられる濃醇甘口なものが多くあります。鳳凰美田(ほうおうびでん)、若駒(わかこま)、姿(すがた)、旭興(きょくこう)など、湧水・名水を数多く有する米処・栃木県の日本酒の特徴、人気の日本酒銘柄を紹介します。

  • 更新日:

栃木県の日本酒の特色

栃木には、日本名水百選で全国第一位となった尚仁沢湧水群をはじめとする湧水・名水が数多くあります。また、日本酒の雑味の原因ともなる”玄米たんぱく質”を低くした県オリジナルの酒造好適米の開発にも取り組んでおり、美味しい日本酒が造られる環境が整っています。
そんな栃木の日本酒は、味わいの深さが魅力です。米本来の甘味や旨味を感じられる濃醇甘口な日本酒が多くあります。

「鳳凰美田(ほうおうびでん)」麹にこだわった華やかなお酒【栃木の日本酒】

「若駒(わかこま)」老舗蔵元が醸す佐瀬式搾り【栃木の日本酒】

「姿(すがた)」原料米を搾ったままの「姿」で提供【栃木の日本酒】

「旭興(きょくこう)」伝統と革新の融合が生み出す深い味わい【栃木の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識