福島県の日本酒の特色

福島県の日本酒の特色

福島の日本酒は、令和2酒造年度まで8年連続で全国新酒鑑評会で金賞受賞蔵数日本一を獲得するほど高く評価されており、日本酒の聖地とも呼ばれます。飛露喜(ひろき)、寫樂(しゃらく)、大七(だいしち)、天明(てんめい)、一歩己(いぶき)など、福島県の日本酒の特徴、人気の日本酒銘柄を紹介します。

  • 更新日:

福島県の日本酒の特色

米どころで良水に恵まれ、寒冷な気候が酒造りに適していた福島では、江戸時代から盛んに酒造が行われていました。近年、福島の酒造組合が運営する学校に、県内の酒造の跡取りたちが集い、各酒造の技術を共有したことで、酒造技術が格段に向上し今日の福島の日本酒が造られています。
そんな福島の日本酒は、米の旨味が生かされたフルーティーでふくよかな味わいで、バラエティに富んだ多様性がある日本酒が特徴です。

「大七(だいしち)」生もと造り一筋のこだわり【福島の日本酒】

「寫樂(しゃらく)」は“幻の酒”と呼ばれる、会津若松を代表する日本酒【福島の日本酒】

「天明(てんめい)」透明感あふれる清き酒【福島の日本酒】

「一歩己(いぶき)」180年の伝統が生み出す美酒【福島の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事