「現代の名工」の技術と情熱で進化を続ける、南部杜氏の里 岩手の銘酒「あさ開」

「現代の名工」の技術と情熱で進化を続ける、南部杜氏の里 岩手の銘酒「あさ開」

あさ開の杜氏である藤尾氏にとって、半世紀以上に渡って続けてきた酒造りは、まさに人生そのもの。穏やかな人柄とやさしい語り口の奥に秘めた、技術者としての信念と日本酒と真摯に向き合い続けている情熱。 これまでの歩みについてお話しを伺いました。

  • 更新日:

日本最大の杜氏集団、南部杜氏の重鎮、藤尾正彦氏

酒造りにおいてチームの総監督、最高製造責任者を務める「杜氏(とうじ)」。
古くは江戸時代に確立された制度で、以来、地域ごとに流派や集団が生まれ、独自の技術や奥義が伝承されてきました。中でも、日本で一番大きな規模を持つ杜氏集団が、岩手県発祥の「南部杜氏」。
南部流一筋で50年以上に渡り酒造りを続け、数々の賞を受賞した実力派杜氏、藤尾正彦氏が醸す銘酒が岩手県盛岡市の「あさ開(びらき)」です。

日本最大の杜氏集団、南部杜氏の重鎮、藤尾正彦氏

白壁に黒瓦が印象的な仕込み蔵「昭和旭蔵」。

南部杜氏発祥の里に生まれ、米とともに歩み日本酒の世界へ

南部杜氏発祥の里、紫波郡紫波町の農家の長男として生まれた藤尾杜氏が酒造りを始めたのは、高校を卒業後、家業の農業に就き、冬の農閑期に酒蔵に出稼ぎに行き始めたのがきっかけでした。夏は農作業、冬は酒造りをしていた農民たちが、次第に酒造りの指揮を任されるようになったのがそもそも南部杜氏の始まり。藤尾さんも当然の流れで冬は酒蔵へ行き、一人の蔵人として酒造りに励みました。

その後、県外の数蔵で酒造りの研鑽を積み、地元岩手の酒蔵へ。その蔵が、かつて若い頃、父の紹介でひと冬だけ勤めた経験があった「あさ開」と合併することになり、酒造りの豊富な経験と真摯に取り組む姿勢が認められ、杜氏としての酒造りをスタートさせました。

しかし、吸収合併された酒蔵の方から杜氏に抜擢された藤尾さんのやり方に反発する仲間もいてとても苦しい立場に。「新しく結成された酒造りのチームは、2社それぞれの製法やしきたりなどの違いもあり、なかなか一つにまとまらず苦悩しました」と藤尾さん。杜氏として、バラバラのチームを団結させて士気を高めていくことも、酒造りと同時に向き合っていかなくてはならない大きな課題でした。

追い打ちをかけるように、鑑評会での結果などから「全国で活躍する南部杜氏はみな優秀だけれど、地元の岩手県にはよい杜氏がいない」という噂を耳にします。
まとまらない蔵人たち、傷つけられた南部杜氏としてのプライド・・・。
「本当に悔しかった。でも、こんなことでは負けたくなかった」と、当時の気持ちを語ってくださいました。

支えになった社長の言葉、機械化へシフトしていく酒蔵の改革

「周囲を納得させるには、とにかく全国に認められる酒を造ること」。
東京での勉強会に積極的に参加し、また、岩手県内の指導機関の門を叩くなど、酒造りと徹底的に向き合うとともに、様々な研究が進む最先端の酒造りへのアンテナを張り巡らせました。

その頃、何より藤尾さんを勇気づけたのは、当時の社長からの「任せたからな」のひとこと。
「信頼されているのが何より心強かったです」。
当時社長だった村井良一郎氏(現会長)は、時代の先を見据え、今から30年前に、それまでの伝統的な製法で行っていた「あさ開」の酒造りに様々な改革を行いました。

まず、「最終的に人の口に入るお酒は、清潔な環境で造られなくてはいけない」と、蔵での衛生管理を徹底。

また、「女人禁制」といわれるほど肉体労働が主体だった酒造りの工程を改善するために機械化を図ります。あさ開は、県内でもトップクラスの出荷量だったこともあり、相当量の仕込みを行っていましたが、蔵人が重い蒸米を担ぎ、何度も蔵内を往復して運んでいた作業にはエアシューターを導入。かなりの力仕事だった、大きなタンク内の醪の撹拌(櫂入れ)を自動撹拌機で行うようにするなど、蔵人の負担を徹底的に軽減しました。

さらに、「旅行客に見学してもらえる観光酒蔵にしたい」と、製造室をガラス張りにし、廊下から作業を眺められるようにするなど、当時の酒蔵では珍しかった取り組みも。
「社長は方針が明確で、目指す姿をイメージしやすかった」と藤尾さん。機械の導入は、それまで蔵人たちの不眠不休の手仕事で造られていた製麹(麹造り)の工程にも。
「酒造りの勉強も然ることながら、難しい機械を使いこなす勉強も必須でした」。

支えになった社長の言葉、機械化へシフトしていく酒蔵の改革

精密な機械で、麹、酒母、発酵タンクを24時間休まずコンピューターで監視制御。30年間大きな故障もなく、あさ開の酒を安定して醸し続ける支えとなっています。

支えになった社長の言葉、機械化へシフトしていく酒蔵の改革

当時はまだ珍しかった観光酒蔵として、見学ができるように建てられた「昭和旭蔵」。現在、年間4万人余りの見学者が訪れていて、近年は海外からの観光客も増えているそう。

機械を導入しても、人の感覚を大切にした酒造り

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識