京都に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【近畿編】

京都に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【近畿編】
出典 : Sean Pavone / Shutterstock.com

京都府は、全国有数の酒処として知られており、府内各地にいくつもの蔵元が点在しています。古都ならではの酒造りの歴史や、清冽な地下水をはじめとした京都の酒造りの特徴とあわせて、おすすめの銘柄を紹介します。

  • 更新日:

京都は全国でも有数の酒処

京都は全国でも有数の酒処

H.Tanaka / Shutterstock.com

京都府は、自然豊かな山々に囲まれ、さらに清冽な地下水も豊富に湧き出ているなど、日本酒造りに適した風土です。また、平安京以来、1,300年もの歴史をもつ古都だけに、早くから独自の食文化が発達し、それが京都ならではの繊細な酒造りにも反映されてきました。

こうした背景のもと、京都府内では各地に多くの蔵元が点在しています。とくに酒造りが盛んなのが、府の最北端にある京丹後や、古来の京における交通の要衝であった府南部の山城、そして伏見稲荷を擁する伏見などです。

なかでも伏見の日本酒は、まろやかでやさしい口当たりをもつことから、「女酒」と呼ばれて親しまれています。伏見は平安時代から山紫水明の地として知られ、皇族の別荘地として利用されてきた由緒ある土地柄。こうした歴史に加え、桃山丘陵から湧き出る良質な地下水によって、独自の酒造り文化が発展していったのです。

京都の地酒は長い歴史をもつ「伏見七ツ井」がポイント

京都の地酒は長い歴史をもつ「伏見七ツ井」がポイント

Distinctive Shots / Shutterstock.com

京都府が全国に誇る酒処、伏見は、前述のように質のよい地下水が豊富に採れる地域であり、かつては「伏水(ふしみ)」と表記されたこともありました。とくに古くから名水として親しまれてきたのが「伏見七ツ井」です。

「伏見七ツ井」とは、御香宮(ごこうのみや)神社に湧き出る御香水をはじめ、白菊井(しらぎくい)、春日井(かすがい)、常磐井(ときわい)、苔清水(こけしみず)、竹中清水、田中清水の7つの湧水の総称です。それぞれに古い歴史がありますが、とくに御香水は奈良~平安時代ごろ、朝廷から香り高い清水ということでその名を賜ったと伝えられています。今も「日本名水百選」のひとつとして、京都の酒造りをさせています。

この「伏見七ツ井」を含む伏見の地下水は、中硬水でカルシウムやカリウムをバランスよく含んでいて、鉄分が少なく繊細な味わいです。この地下水を用いて、じっくりと酒米を発酵させることで、仕上がる酒はきめ細やかでやわらかな味わいとなります。

京都の人気銘柄

京都の人気銘柄

gori910 / Shutterstock.com

京都府には素晴らしい日本酒がたくさんありますが、こちらではとくに人気の高い酒を5銘柄紹介します。

青空を見たときのやさしい気持ちに【蒼空(そうくう)】

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識