スピリッツのおいしい飲み方【テキーラ編】

スピリッツのおいしい飲み方【テキーラ編】
出典 : Kiryl Padabed / Shutterstock.com

テキーラといえば「強いお酒」の代表格として知られており、ショットグラスで一気飲みするイメージが定着しています。近年では、じっくり味わうお酒としても人気が高まりつつあるテキーラについて、その歴史や、おいしい飲み方を紹介しましょう。

  • 更新日:

テキーラが「メキシコの地酒」から「世界で愛されるお酒」に成長するまで

テキーラが「メキシコの地酒」から「世界で愛されるお酒」に成長するまで

Jesus Cervantes / Shutterstock.com

テキーラは、メキシコ原産の「アガベ」を原料とした蒸留酒です。アガベは竜舌蘭(りゅうぜつらん)という多肉植物のことで、薬用として知られるアロエの仲間といえばイメージしやすいでしょう。

メキシコでは、古くからアガベの汁を発酵させたお酒「ブルケ」が親しまれていました。16世紀にスペイン人がこの地を発見した際に、ヨーロッパから蒸留技術が持ち込まれ、ブルケを蒸留した「メスカル」が誕生しました。
このメスカルのなかでも、特定の地域で、その地域産のアガベを主原料としたものだけが「テキーラ」と名乗ることを許されます。まさに「地酒」と呼ぶにふさわしいお酒といえるでしょう。

では、メキシコの一地方でしか造られない、ある意味でローカルな存在だったテキーラが、どのようにして世界的な人気となったのでしょうか?

「テキーラ・サンライズ」「マルガリータ」などカクテルの人気や、1950年代に全米で大ヒットした名曲「テキーラ」の影響もあったはずです。しかし、もっとも大きなきっかけは、1968年に開催されたメキシコオリンピックでしょう。

メディアを通じてメキシコ文化が世界に発信されるなかで、テキーラの魅力が世界中を駆け巡り、またたく間に4大スピリッツの一角を占めるまでになったのです。
なかでもテキーラ人気が高いのは、お隣のアメリカで、いまや消費量はメキシコをしのぐほど。最近では、ハリウッドセレブの間で、アガベ100%の「プレミアムテキーラ」が大ブームなのだとか。

テキーラの飲み方指南。「ショットグラスで一気飲み」だけではもったいない

テキーラの飲み方指南。「ショットグラスで一気飲み」だけではもったいない

Maria Uspenskaya / Shutterstock.com

テキーラの飲み方といえば、日本では、冷凍庫でキンキンに冷やしたテキーラを、ショットグラスで一気飲みというイメージが定着しているようです。
場を盛り上げるための「罰ゲーム」のような扱いをされることもあるようですが、これは少しもったいないというもの。
テキーラは、てっとり早く酔っ払うためのものではなく、本来は、じっくりと味わうおいしいお酒です。

テキーラ本来の味をたのしみたいなら、冷やしたものよりも、常温のテキーラをフルートグラスでゆっくり飲むのがおすすめです。
アガベに特有の、少し青っぽい甘味が、独特の魅力となっていることがわかるはずです。

テキーラといえば強いお酒というイメージがありますが、じつは、アルコール度数は35~55%と、スピリッツのなかでは、比較的おとなしめです。とはいえ、ストレートで飲むとさすがにキツいかも?
そこで、おすすめなのが、テキーラ専用のチェイサー「サンゲリータ」と一緒にたのしむこと。トマトジュースとオレンジジュースをミックスしたもので、その酸味がテキーラの甘さにぴったりです。

テキーラの分類法を知って、より深くたのしもう!

テキーラの分類法を知って、より深くたのしもう!

Oleksandra Naumenko / Shutterstock.com

テキーラの分類法としては、透明なものを「シルバー」、琥珀色になったものを「ゴールド」と呼ぶように、色で区別するのがポピュラーです。
この色の違いは、ウイスキーなどと同様に、樽で熟成される際に色づくことで生まれたもの。つまり「樽熟成していないのがシルバーで、樽熟成したのがゴールド」と思われがちですが、実際には、単に色を付けただけのテキーラをゴールドとしているケースもあるので注意が必要です。

テキーラの熟成度合いを正しく把握したいなら、色ではなく、「ブランコ」「レポサド」「アネホ」「エクストラ・アネホ」という分類を覚えておきましょう。

熟成期間のもっとも短いのがブランコ。アガベ本来の味をたのしむには、こちらがおすすめですし、カクテルに使用されるのも、基本的にはブランコです。
レポサドとは2カ月ほど熟成させたもので、樽の香りが移って、やや落ち着いた味わいになります。

アネホの熟成期間は約1年、エクストラ・アネホになると3年以上になり、その分、色味は濃く、お値段も高額に!
なかには1本5万円もするものもあり、初心者にはなかなか手が出ないかもしれませんが、一度は味わってみたいものですね。

この記事を読んでテキーラの新しい魅力に気づかれたら、ぜひ、バーに繰り出して、いつもとは違った味わい方をたのしんでみてください。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識