山形のおすすめ地酒10選【山形の日本酒】

山形のおすすめ地酒10選【山形の日本酒】
出典 : Thanya Jones / Shutterstock.com

山形は古くから日本酒造りがさかんに行われる県。「吟醸王国山形」とも呼ばれるこの土地では、良質の吟醸酒が豊富に造られていますが、その秘密は酒蔵同士のスムーズな連携と、官民一体となった酒造好適米開発への飽くなき探究心にありました。

  • 更新日:

世界中を魅了する日本酒をめざす【楯野川(たてのかわ)】

「楯野川」の由来は、蔵が創業した江戸末期にまでさまのぼります。献上された酒を喜んだ荘内藩主酒井公が、蔵がある土地が「楯山」と呼ばれていたことから、「その地を流れる川のような酒になれ」との意をこめて「楯野川」と命名したのだか。
吟醸王国山形でも初めて全量純米大吟醸の蔵元となるなど、米にこだわった酒造りに定評がありましたが、近年では、世界中の人々を魅了する「Sake」造りをめざす「TATENOKAWA100年ビジョン」を掲げて海外への情報発信を強化。その存在感をさらに高めています。

製造元:楯野川酒造株式会社
公式サイトはこちら

これらのほかにも、「秀鳳(しゅうほう)」「山形正宗(やまがたまさむね)」「雅山流(がさんりゅう)」「白露垂珠(はくろすいしゅ)」など、山形には個性豊かな銘柄が盛りだくさんです。

うまい酒に意欲をそそられた人々が新たな酒米を生み、また、良質な米に触発された酒造り職人たちがさらなる美酒を生む。そんな吟醸王国山形の酒から、今後も目が離せません。

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事