福岡県の日本酒の特色

福岡県の日本酒の特色

福岡の日本酒は、すっきりとした口当たりの淡麗辛口であることが特徴。喜多屋(きたや)、三井の寿(みいのことぶき)、若波(わかなみ)、庭のうぐいす(にわのうぐいす)、美田(びでん)、繁桝(しげます)、田中六五(たなかろくじゅうご)など、酒造好適米「山田錦」の名産地・福岡県の人気の日本酒を紹介します。

  • 更新日:

福岡県の日本酒の特色

福岡は、国内でも早くから稲作が始まった土地で、福岡の気候は、昼夜の温度差が稲穂の成長に適しているとされ、酒造好適米の代表でもある「山田錦」も多く栽培されています。また、比較的温暖な九州でも冬場の寒さは厳しく、日本酒造りに適していると言われています。
そんな福岡の日本酒は、もつ鍋や水炊きなどの郷土料理と相性抜群で、すっきりとした口当たりの淡麗辛口であることが特徴です。

「喜多屋(きたや)」:喜多屋 世界でも高く評価される飲む人に喜びを伝える酒【福岡の日本酒】

「三井の寿(みいのことぶき)」:みいの寿 科学とセンスと情熱で造る純米酒【福岡の日本酒】

「若波(わかなみ)」:若波酒造 姉弟中心の5人チームで醸す旨い酒【福岡の日本酒】

「庭のうぐいす(にわのうぐいす)」:山口酒造場 土地の恵みから生まれる筑後の酒【福岡の日本酒】

「美田(びでん)」:みいの寿 ていねいに醸す山廃仕込み中心の日本酒ブランド【福岡の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識