長崎県の日本酒の特色

長崎県の日本酒の特色

長崎の日本酒は、さらっとしつつも濃厚な味わいが楽しめる香りや旨味が特徴。福田(ふくだ)、横山五十(よこやまごじゅう)、六十餘洲(ろくじゅうよしゅう)、本陣(ほんじん)、長崎美人(ながさきびじん)など、寒冷地では見られない「南国の日本酒」を造る長崎県の日本酒の特徴、人気の日本酒銘柄を紹介します。

  • 更新日:

長崎県の日本酒の特色

長崎は、三方を海に囲まれ、豊かな海産物や潮風を受けた牧草で育つ畜産物など良質な食材の宝庫です。ですが、寒冷地を好む日本酒に限っていえば、温暖ある長崎は最適とは言えない気候です。ただそんな気候にあってもなお、蔵元伝統の技とチャレンジ精神により寒冷地では見られない、「南国の日本酒」が造られています。
そんな長崎の日本酒は、さらっとしつつも濃厚な味わいが楽しめる香りや旨味が特徴です。

「福田(ふくだ)」:福田酒造 兄弟が醸す平戸の風土に根ざした酒【長崎の日本酒】

「横山五十(よこやまごじゅう)」:重家酒造 世に再び送り出された壱岐の日本酒【長崎の日本酒】

「六十餘洲(ろくじゅうよしゅう)」:今里酒造 国内外で高評価の手造りの酒【長崎の日本酒】

「本陣(ほんじん)」:潜龍酒造 伝統の技で造られる佐世保の地酒【長崎の日本酒】

「長崎美人(ながさきびじん)」:福田酒造 老舗蔵の気品あふれる大吟醸【長崎の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識