徳島県の日本酒の特色

徳島県の日本酒の特色

徳島の日本酒は、豊富な水源、酒造好適米の栽培に適した天候といった、美味しい日本酒が育まれる環境で造られています。三芳菊(みよしきく)、鳴門鯛(なるとたい)、御殿桜(ごてんさくら)、旭 若松(あさひわかまつ)、芳水(ほうすい)など、個性際立つ徳島県の日本酒の特徴、人気の日本酒銘柄を紹介します。

  • 更新日:

徳島県の日本酒の特色

徳島は、県面積の8割を山地が占め、吉野川や那珂川といった水質の良さで知られる河川が何本も流れ、豊富な水源に恵まれています。また、晴れる日が多い瀬戸内川では、酒造好適米の栽培も盛んで、美味しい日本酒が育まれる土台になっています。
そんな徳島県酒造組合では、徳島県産の日本酒について、「阿波十割」「LED夢酵母」という2つのブランドを掲げています。「阿波十割」は、県産の酒米と県内の水を100%使って醸した日本酒をさし、「LED夢酵母」は、果物のように軽やかでフレッシュな香りがたのしめる日本酒を造ることができる独自の酵母を示します。徳島の日本酒を飲む際には、2つのラベルをチェックしてみてはいかがでしょうか。

「三芳菊(みよしきく)」:三好菊酒造 ラベルも味も個性的な我が道を貫く日本酒ブランド【徳島の日本酒】

「鳴門鯛(なるとたい)」:本家松浦酒造場 老舗蔵元が醸す海外でも人気の銘柄【徳島の日本酒】

「御殿桜(ごてんさくら)」:斎藤酒造場 昔ながらのていねいな仕事から生まれる阿波の地酒【徳島の日本酒】

「旭 若松(あさひわかまつ)」那賀酒造 江戸時代から続く“米と水だけの酒造り”【徳島の日本酒】

「芳水(ほうすい)」:芳水酒造 清流吉野川にあやかった芳香美味なる清酒【徳島の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識