香川県の日本酒の特色

香川県の日本酒の特色

香川の日本酒は、口あたりの良さとしっかりとした味わいが特徴。川鶴(かわつる)・讃岐くらうでぃ、綾菊(あやきく)、金陵(きんりょう)、金戎(きんえびす)など、有名銘柄を数多くもつ讃岐うどんも有名な「うどん県」、香川県の人気日本酒蔵・銘柄を紹介します。

  • 更新日:

香川県の日本酒の特色

香川は、昔から稲作が盛んで、県独自の酒造好適米である「オオセト」や本来は飯米である「おいでまい」を使って日本酒が造られています。また、日本一小さい県である香川は、温暖な瀬戸内海気候のため、年間降水量が少ないのですが、県南部にひろがる讃岐山脈からの質の良い湧水を使って日本酒造りを行っています。
そんな香川の日本酒は、香川の特産品であるうどんの出汁や麦の風味に合う口あたりの良さとしっかりとした味わいが特徴です。

「川鶴(かわつる)」:川鶴酒造 蔵人が本気で造る、米味が広がる旨い酒【香川の日本酒】

「綾菊(あやきく)」:綾菊酒造 郷土を愛する心を原点とする讃岐(さぬき)の地酒【香川の日本酒】

「金陵(きんりょう)」金刀比羅宮の御神酒として江戸時代から知られる西野金陵の酒【香川の日本酒】

「金戎(きんえびす):西野金陵」無ろ過生原酒 を中心とする限定日本酒ブランド【香川の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識