東京都の日本酒の特色

東京都の日本酒の特色

東京の日本酒は、しっかりとした味わいが魅力。澤乃井(さわのい)、江戸開城(えどかいじょう)、金婚(きんこん)、千代鶴(ちよつる)など、地下水や伏流水に恵まれ、江戸時代から酒造りが盛んな東京都の日本酒の特徴、人気の日本酒銘柄を紹介します。

  • 更新日:

東京都の日本酒の特色

東京では、多摩川水系の地下水や伏流水を活用して、日本酒が造られています。その歴史は、江戸時代までさかのぼり、当時の江戸幕府直々の取り組みにより、日本酒作りが盛んに行われるようになりました。
そんな東京の日本酒は、しっかりとした味わいが魅力。味わいのどっしりとしたものを選ぶと、より東京らしい日本酒を楽しめます。

「澤乃井(さわのい)」奥多摩の名水が生んだ美しい東京の地酒【東京の日本酒】

「江戸開城(えどかいじょう)」幕末以来の伝統を復活させた東京・港区の地酒【東京の日本酒】

「金婚(きんこん)」その名に込められた歴史が裏づける、江戸の“祝い酒”【東京の日本酒】

「千代鶴(ちよつる)」奥多摩・あきる野の老舗蔵が醸す酒【東京の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識