焼酎をベースに、おいしいお酒を満喫しよう! 焼酎ベースのカクテルやリキュールも紹介

焼酎をベースに、おいしいお酒を満喫しよう! 焼酎ベースのカクテルやリキュールも紹介
出典 : Oksana_Slepko/Shutterstock.com

甲類焼酎はよくサワーや酎ハイのベースとして用いられますが、じつはカクテルでも活躍します。また、近年は焼酎ベースのリキュールも人気です。ここでは、焼酎の幅広いたのしみ方に注目して、焼酎ベースのカクテルや焼酎リキュールの魅力などを紹介します。

  • 更新日:

焼酎は「ベース」としても活躍するお酒

焼酎は「ベース」としても活躍するお酒

Atsushi Hirao/ Shutterstock.com

焼酎のたのしみ方は多彩

焼酎は、さまざまなたのしみ方ができる懐の深いお酒です。焼酎には大きく分けて「乙類焼酎(本格焼酎)」と「甲類焼酎」の2種類があり、種類によってたのしみ方が少し異なります。

米麦芋などで造られる乙類焼酎は、原料由来の風味を存分にたのしめるロックや水割り、お湯割りなどが定番の飲み方です。また芋焼酎では、あらかじめ好みの濃度に水で割って一晩から数日ほど寝かせて作る「前割り焼酎」を温めて飲むこともあります。

一方、すっきりとクセのない味わいの甲類焼酎は、割材で割って飲むのが一般的。炭酸水やソーダのほか、果汁やジュース、お茶などさまざまな割材でたのしまれています。もちろんロックなど、甲類焼酎単体で飲むこともあります。

焼酎ベースの酎ハイ・サワーは幅広い飲み方でたのしめる

焼酎のなかでも、バラエティに富んだ飲み方ができるのが、甲類焼酎をベースにした酎ハイやサワーです。前述のように、さまざまな割材を用いることで、たのしみ方は無限に広がります。

たとえば、焼酎を炭酸水で割ってレモン果汁を加えれば「レモン酎ハイ」、緑茶やウーロン茶などのお茶で割れば「お茶ハイ」、グレープフルーツジュースと炭酸で割れば「グレープフルーツサワー」と、バリエーションをたのしめるのが魅力。

また酎ハイやサワーは近年、甲類焼酎以外をベースにしたものも注目されています。たとえば、泡盛をベースに、シークヮーサーなどを加えて飲む「泡盛サワー」や、乙類焼酎を炭酸水やソーダで割った「乙ハイ」などが人気です。

なお、酎ハイとサワーはお店にもよりますが、ほとんど同じ意味で使われています。


焼酎サワーを徹底解説! 自宅で居酒屋の味を再現してみよう

焼酎ベースのカクテルやリキュールも人気

焼酎ベースのカクテルやリキュールも人気

Jarek Fethke/ Shutterstock.com

焼酎をベースにしたアレンジカクテルとは?

カクテルのベースには、ジンやラム、ウォッカ、テキーラなどの蒸溜酒が使われますが、カクテルのベースに使われているお酒を焼酎に変えれば、焼酎ベースのアレンジカクテルがたのしめます。

たとえば、「ジントニック」や「マティーニ」のベースであるジンや、「キューバリバー」のラム、「ブラッディ・マリー」のウォッカなどを焼酎に変えるだけで、ひと味違った味わいになります。

焼酎ベースのアレンジカクテルには、甲類焼酎だけでなく、すっきりとした飲み心地の麦焼酎も合うようです。さまざまなカクテルレシピを焼酎で試してみてはいかがでしょう。

焼酎ベースのリキュールとは?

リキュールとは、蒸溜酒にフルーツや花、ハーブなどの香味を移し、砂糖やシロップといった甘味料や着色料などを加えた混成酒のことです。リキュールのベースには、ウイスキーやブランデー、ジン、ラム、ウォッカ、テキーラなどの蒸溜酒が使われますが、焼酎をベースにしたリキュールも作られています。

たとえば、かつて家庭でもよく作られていた梅酒やゆず酒もリキュールの一種。甘くて飲みやすいので、お酒にあまり強くない人でもたのしめるのが魅力です。

ほかにも、ブルーベリーやイチゴなどフルーツを使ったリキュールや、抹茶を使ったリキュール、コーヒーリキュールなど、さまざまなリキュールがたのしまれています。


焼酎ベースのリキュールが人気の理由

焼酎ベースのお酒を自宅でたのしもう

焼酎ベースのお酒を自宅でたのしもう

K321/ Shutterstock.com

焼酎ベースのアレンジカクテルのたのしみ方

焼酎をベースにした飲み方は多彩にありますが、ここでは、自宅でもかんたんにたのしめる、焼酎ベースのアレンジカクテルを2つ紹介します。

【焼酎トニック】

焼酎トニックは、ジントニックのジンを焼酎に変えたカクテルです。焼酎は甲類焼酎や麦焼酎などがおすすめです。
作り方の手順は、まずグラスにライムを搾って氷を入れ、焼酎を注いでマドラーなどで混ぜます。次にトニックウォーターを加えて軽く混ぜます。最後にカットライムを浮かべます。
なお、焼酎とトニックウォーターの割合は1:2くらいが目安です。

【焼酎とジンジャーエールのカクテル】

麦焼酎や米焼酎、泡盛といった本格焼酎を、焼酎と相性のよいジンジャーエールで割る飲み方もおすすめです。
作り方の手順は、グラスにレモンを搾って氷を入れ、焼酎を注いでよく混ぜます。そこに焼酎のおよそ2倍量のジンジャーエールをゆっくりと注ぎ入れて、最後に軽く1回程度混ぜます。
ジンジャーエールは甘口のドライタイプでも辛口でもOKです。


焼酎+ジンジャーエールで、飲みやすくオシャレなカクテルを!《焼酎きき酒師監修》

焼酎ベースのリキュールのたのしみ方

焼酎ベースのリキュールも、自宅で手軽にたのしめます。おもな種類別に、たのしみ方を紹介しましょう。

【梅酒・ゆず酒】

梅酒やゆず酒は、ロックや水割り、お湯割り、ソーダ割りなどが定番の飲み方。アルコール度数が低めなので、食前酒としてストレートで飲むこともできます。また、緑茶や紅茶、ジュースなどで割ってもおいしくいただけます。

【抹茶のリキュール】

抹茶のリキュールも幅広い飲み方でたのしめますが、とくにお湯割りにすると抹茶の香りが豊かに感じられて、いっそう味わい深くなります。また牛乳で割るとまろやかな味と口当たりをたのしめます。


リキュールのおいしい飲み方【グリーンティーリキュール編】

【コーヒーリキュール】

コーヒーリキュールは、ロックや水割り、炭酸割りなどでたのしめますが、牛乳で割ってラテにしてもおいしくいただけます。また、ホットコーヒーにコーヒーリキュールを加えたり、アイスクリームにかけたりと、幅広いたのしみ方ができるのも魅力です。


リキュールのおいしい飲み方【コーヒーリキュール編】《シニアソムリエ監修》

焼酎は定番の酎ハイやサワーのほか、カクテルでもたのしめます。焼酎リキュールも自宅で気軽にたのしめるのでおすすめ。ぜひ、さまざまな飲み方を試してみてくださいね。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事