「無濾過(ろか)生原酒」ってどんな日本酒?【日本酒用語集】

「無濾過(ろか)生原酒」ってどんな日本酒?【日本酒用語集】
出典 : HandmadePictures/ Shutterstock.com

日本酒のラベルなどで「無濾過生原酒(むろかなまげんしゅ)」という難しい言葉を聞いたことはありませんか? これは、日本酒の製造工程のなかで一部の工程を経ずに仕上げられた日本酒であることを指しています。基本的な説明からオススメ銘柄まで幅広く紹介していきましょう。

  • 更新日:

「無濾過生原酒(むろかなまげんしゅ)」は読んで字のごとし

「無濾過生原酒(むろかなまげんしゅ)」は読んで字のごとし

Khun Ta/ Shutterstock.com

無濾過生原酒とは、ざっくりいうと「搾ったそのままの日本酒」

「無濾過生原酒」とはどんな日本酒か。それは名前がすべてを語っています。日本酒の多くは、醪(もろみ)と呼ばれる日本酒のもとを搾ったあと、ろ過して、加熱処理を行い、アルコール度数の調整のため加水します。

これらを行わずに出荷したお酒が「無濾過生原酒」です。若々しくフレッシュでパンチのある味わいが特徴です。

「無濾過生原酒」の「無濾過」と「濾過(ろ過)」では何が違う?

ろ過工程では、醪を搾ったあとに澱(おり)を取り除き、さらに活性炭素や専用の機械を使っていることが多くあります。こうしてろ過することにより、雑味やにごりを取り除き、味わいも色味もクリアな日本酒になるのです。

ろ過でキレイに整えられた日本酒に対し、無濾過はそのお酒本来の旨味とコクがたのしめるといえるでしょう。

「無濾過生原酒」の「生」とは?「火入れ」した日本酒との違いは?

「無濾過生原酒」の「生」とは、火入れ(加熱滅菌処理)をしていないお酒のこと。これに対し、多くの日本酒では「火入れ」と呼ばれる加熱処理が行われています。

「火入れ」は、日本酒をおいしい状態でキープし、保存可能な期間を長くするための工程です。一般に、2回火入れした日本酒は、冷暗所であれば常温でも保存できます。
しかし近年は、冷蔵技術が進んだことで、「生」の日本酒をお店などで飲める機会が増えています。フレッシュな生酒の魅力にハマる人も少なくありません。

「無濾過生原酒」の「原酒」とは?

「原酒」とは、アルコール度数を調整するために加水をしていないお酒のこと。「加水」というと「かさ増し!? 」と思う人もいるかもしれませんが、できたての日本酒は、アルコール度数がおよそ18~20度と高めのため、飲みやすいよう15~16度くらいに調整されています。

無濾過生原酒がしっかりした味わいなのに、キレがよいのは、アルコール度数が高いためです。一般に、アルコール度数が高いお酒は、辛口でキレのある味わいに仕上がります。
近年は、低アルコール酒の人気が高まっているため、アルコール度数の低い原酒も登場しています。

「無濾過生原酒」のおいしい飲み方

「無濾過生原酒」のおいしい飲み方

K321/ Shutterstock.com

「無濾過生原酒」はどう飲むの?

無濾過生原酒は、風味やフレッシュさが持ち味ですから、よく冷やして飲むのがオススメです。濃厚さが特徴のお酒なので、存在感のある味わいをたのしめます。
またアルコール度数が高く、しっかりした味わいなので、氷を入れて、オン・ザ・ロックにしてもよいでしょう。大きめの氷によく冷やした日本酒を注いで飲めば、爽快な風味とキリッとした後味をたのしめますよ。

「無濾過生原酒」の保存方法は?

「無濾過生原酒」はとても繊細な日本酒なので、必ず冷蔵で保存しましょう。加熱処理をしていない「生」のお酒は、保管の仕方が悪いと、味や風味がどんどん変化していってしまいます。冷蔵庫の中でも、瓶を立てて保存するのが基本です。これは、瓶を横にすると空気に触れる面積が多くなるためです。

また「無濾過生原酒」は、開栓すると酸化が進んでいくので、できるだけ早く飲み切るのが望ましいお酒です。意図的に変化をたのしみたい場合をのぞき、開栓後は2~3日のうちに飲み切るのがベターです。それでも、少しでも長持ちさせたい場合は、瓶の中の空気を抜いて真空にする道具(バキュバソなど)があるので、利用してみてはいかがでしょう。

「無濾過生原酒」に賞味期限はある?

長期保存が可能な日本酒には、多くの場合、賞味期限表示がありません。瓶やラベルに記載されているのは製造年月で、これは容器に詰めた日を指しています。
目安として、生酒は製造からおよそ9カ月までが飲みごろといわれています。ただし、蔵元や銘柄によって推奨期間も変わってきて、冷蔵温度によっても大きく異なるので、購入時に確認してみるのもよいでしょう。

「無濾過生原酒」のオススメ銘柄

「無濾過生原酒」のオススメ銘柄

taka1022/ Shutterstock.com

ブランド銘柄「飛露喜」の無濾過生原酒

「無濾過生原酒」という言葉がまだ一般に知られる前に、先駆けて商品化に着手したのが、江戸中期から続く福島県会津若松市の老舗蔵・廣木酒造本店です。

1999年に誕生した「飛露喜」は、若くして蔵を継いだ9代目の廣木健司氏が、試行錯誤を繰り返して造り上げた“古くて新しい”銘柄。会津の酒造りの伝統を受け継ぎながら、日本酒の新しい潮流を築いた「飛露喜」の無濾過生原酒は、無濾過ならではのフレッシュさとバランスのよい味わいが魅力です。“喜びの露がほとばしる”ような旨さを持つこのお酒は、「全国新酒鑑評会」などのコンテストでも高い評価を得ていて、数多くの賞を受賞しています。

プレミアがつくほど人気ですが、生産量が少なく手に入りにくいことから、ファンの間では“幻の酒”ともいわれています。

「飛露喜(ひろき)」は無ろ過生原酒という新しい潮流を生んだ酒

ブランド銘柄「久保田 萬寿」の無濾過生原酒

新潟県の老舗・天保元年(1830年)創業の朝日酒造が誇る銘柄「久保田」は、1985年に生まれ、80年代後半に起きた地酒ブームをけん引したことでも知られるブランドです。2020年に35周年を迎えるにあたり、クオリティアップしリニューアルをはかりました。
そんな「久保田」の純米大吟醸「萬寿」の無濾過生原酒は、濃厚で深い味わいながらも、やわらかくなめらかな口当たりが特長です。素朴で、上質な搾りたての味わいが評判です。

製造元:朝日酒造株式会社
公式サイトはこちら

「久保田」の生原酒がリニューアル。搾りたてを楽しむ、冬限定の「久保田 千寿 吟醸生原酒」

老舗蔵が放つ若手主体の新銘柄「吾有事」の無濾過生原酒

山形県鶴岡市に蔵を構える蔵元・奥羽自慢株式会社が、享保9年(1724年)創業の佐藤仁左衛門酒造場から事業を引き継いだのち、2018年の造りから蔵の改革を断行、世に送り出したのが新銘柄「吾有事(わがうじ)」です。

20代の若手を主体にして造る「吾有事」の純米無濾過生原酒は、山形産の酒米、「出羽燦々」を原料米に使用。芳醇、旨味、フレッシュ感の3拍子揃った、キレのよい味わいがたのしめます。

製造元:奥羽自慢株式会社
公式ツイッターはこちら

米にこだわる「鳥海山」の無濾過生原酒

秋田県の由利本荘市矢島町に位置する天寿酒造が醸す「鳥海山(ちょうかいさん)」は、国内外の賞レースで認められた世界水準の日本酒です。
洋梨のような芳香、ジューシーで可憐な瑞々しいおいしさの無濾過生原酒は、こだわりぬいた好適米「美山錦」で造る純米大吟醸の限定バージョン。定番の火入れした酒との違いを味わいたい一品です。

製造元:天寿酒造株式会社
公式サイトはこちら

秋田の日本酒【鳥海山(ちょうかいさん)】世界が認める実力

「無濾過生原酒」の日本酒に興味を持ってもらえたでしょうか。味が変わりやすいため、販売は冬から春の季節限定で数量も限られています。見かけたときには飲んでみてください!

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識